お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

「酔った勢いで電話する」男性心理。告白されたら付き合ってもいいの?

ラブホの上野さん

酔った勢いで電話をしてくる男性がいます。彼らはいったい何を考えているのでしょう? また、酔った勢いで告白された場合、付き合ってもいいのでしょうか? 男性心理と対処法について、ラブホの上野さんに詳しく教えてもらいました。

恋愛に臆病な男性にとって「お酒」は非常に強い味方で御座います。

シラフでは言えないような臭いセリフも、お酒に酔っていれば言えることもあるでしょう。

しかし、それはあくまでも男性側の視点の話。

女性の視点で考えれば、お酒に酔った男性から口説かれる際には注意をしなければならないこともたくさん御座いますので注意をしなければなりません。

Read more

酔っ払って電話する女性は「面倒くさい」? #恋の答案用紙

「酔った勢いで電話する」は脈あり?

「ごめん、今酔ってるんだ。だから電話しちゃった」

こんな電話を受けたことがある方もいらっしゃることでしょう。

こういった電話をする男性は果たしてどんな心理なのでしょうか。

結論から申し上げると、こういった電話をする男性は少なからずその女性に好意が御座います。

多くの男性はたとえ好意があったとしても、すぐにアクションを起こせるほどの勇気は持ち合わせておりません。

その理由は極めて簡単。

アクションを起こして失敗したら自分が大きく傷つくからで御座います。

さて、それではそんな男性がお酒を飲むとどうなるでしょうか?

酔った勢いで電話する男性心理

お酒を飲んで気が大きくなる、という理由から電話をかける男性も確かにいらっしゃいますが、それ以上に電話をかける「言い訳」を手に入れたから電話をしている男性のほうが多いことでしょう。

お酒を飲んで電話をした場合、仮に失敗したとしても「ごめん酔っていたんだ」と男性は言い訳をすることが出来るというわけです。

もちろんそんな言い訳で女性が納得する可能性はあまり高くありませんが、このような心理状態の男性にとって女性がどう思うかということはあまり重要では御座いません。

その電話をする男性が「言い訳になる」と思えるかどうかが重要なのです。

男性が「これは言い訳になる」と無意識に思ったのであれば、それはたとえ女性に効果がなかったとしても言い訳になるのです。

しかしこの心理の男性はあくまでも「言い訳」を手に入れただけで御座いますので、好きではない女性に電話をすることはないでしょう。

「好きな女性に電話をしたい」という欲望が先にあり、言い訳が生まれたからこそ電話をしているのです。

「酔った勢いの電話」で付き合うのは可能?

たとえ酔った勢いであったとしても、男性に好意があることはまちがいありません。

そのため酔った勢いで電話をしてきた男性と付き合うことはそこまで難しいことではないでしょう。

しかし、簡単に付き合えるからといってその男性と付き合うことをオススメできるかと言えば、決してそんなことは御座いません。

その理由は大きく2つ御座います。

酔った勢いで電話してきた男性との交際をオススメしない理由

1. 相手に言い訳を与えてしまうから

そもそも酔った勢いで電話をしてくる男性は、失敗した場合に「酔ってたから」と言い訳を出来るからこそ電話をしているのです。

このように言い訳を用意したがる男性ですので、告白が成功したとしても何かと「酔っていた」ということを言い訳にしたがります。極端な話「自分は酔って告白しただけだから本気じゃない」というようなことを言い出す可能性もあるでしょう。

2. 相手の人格に問題が垣間見えるから

人間誰しも言い訳をほしがる生き物で御座います。

しかし、酔った勢いで電話をしてくるような男性は「言い訳」をほしがる傾向が極端に強いといえるでしょう。

残念ながらこういった性格の男性は付き合っても何かと言い訳に逃げる傾向が御座います。

言い訳に逃げるということは責任感がないということ。そんな男性と付き合うことがいいことだと私は思いません。

次ページ:「酔った勢いで手を繋ぐ」は脈あり?

お役立ち情報[PR]