お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

ケンカにならない。彼氏への不満の伝え方

高見綾(心理カウンセラー)

恋愛期間が長くなると、彼氏になんらかの不満が出てくるものです。

でも、「嫌われたくないし、雰囲気が悪くなるのが怖いから不満を言えない」という女性も多いのではないでしょうか。不満を言わずに我慢していると、すれちがいが生じたり、ストレスが溜まったりしてよくありません。

そこで、彼氏が納得する不満の伝え方についてくわしく説明します。絶対NGな伝え方もあせて紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

彼氏に不満を言うとケンカになる(男性心理)

彼氏に不満を言いたくても、ケンカになることを恐れて言えないでいる女性は多いよう。そもそも、どうしてケンカになってしまうのでしょうか。

女性が彼氏に不満を伝えるときは、怒ったり泣いたりして、感情的になっているケースが多いです。

しかし男性は冷静に話し合うことを好むため、感情的になっている女性が苦手。

女性は、感情的になると「私は正しくて、あなたがまちがっている」という言い方をしがちです。すると男性は、「感情的になっている彼女に何を言っても無駄だろう」とか、「今反論しても聞き入れてもらえないだろう」と考えて、何も言わなくなったり、さっとその場から離れていってしまったりということがあります。

この行動は、いったん冷静になってから論理的に問題の解決策を導き出そうとする男性の性質からきているものですが、女性は、「真剣に取り合ってくれない」と感じます。

「不満を感じている気持ちをわかってほしい」と考える女性と、「今は話し合うべきでない」という男性のこのような考え方がすれちがいを生み、ケンカに発展しやすくなるのです。

次ページ:不満はきちんと伝えた方がいい理由

お役立ち情報[PR]