お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

彼女と同棲してみた男性の本音。結婚しないで別れたいと思うのは

浅野寿和(心理カウンセラー)

結婚前に、同棲するケースがあります。

はたして、同棲は結婚への近道なのでしょうか? それとも、別れ道なのでしょうか?

今回は、「彼女と同棲した男性はどんなことを感じるのか」「彼女と同棲どまりで結婚しないことがあるのはなぜか」など、同棲にまつわる男性の本音のアレコレを解説します。

結婚前の同棲のメリットとデメリット

同棲のメリットは2人で感じられるプラスの理由、同棲のデメリットはひとりで過ごしたくなる理由です。

さっそく同棲のメリットとデメリットについて見ていきましょう。

同棲のメリット

(1)より深く相手を知り仲よくなれる

同棲してお互いを深く知り合うことで、「パートナーをかけがえのない存在」と感じます。

相手の好み、喜ぶポイントなどもわかるので、相手を喜ばせやすくなりますね。

(2)家事を分担したり、経済的負担を減らしたりできる

ひとり暮らしに比べて、お互いの家事負担も少なくなりますし、家賃なども節約できて経済的です。

ひとりでは感じることができない、助け合って暮らすことのありがたさを感じ、男性の気持ちも軽くなることが多いです。

(3)事前に結婚後の生活を体験できる

同棲することで、結婚後に「こんな人だとは思わなかった」と悩む可能性が減ります。

慎重に結婚を決めたい人、失敗したくない人にとってはメリットです。

同棲のデメリット

(1)価値観の対立でストレスがたまる

金銭感覚や生活習慣など、お互いの価値観の対立は、大きなストレスになります。

自分のペースで過ごせない時間が多くなると、リラックスできない男性も多いです。

(2)パートナーに飽きやすくなる

同棲すると2人のあいだに安心感が生まれますが、反面、いい意味での緊張感が失われます。

恋愛初期に感じた「ドキドキ」を感じられず、刺激がなくなったと思う男性は多いもの。

(3)現状に流される

長く同棲をしていると、「今のままでいいか」と考え、結婚などの決断を先延ばしにする人もいるでしょう。

仕事中心の生活を送る男性ほど、現状維持を考える傾向があります。

彼女と同棲して男性はどんなことを感じるもの?

同棲中は、男性も2人の生活に期待や不安を感じています。

男性が同棲を快適だと感じるのはどんなことでしょうか? 反対にストレスに感じるのはどんなことでしょうか?

同棲って快適だなと感じること

(1)いつもそばにいられる

ごきげんな彼女と同じ空間にいるだけで男性の心はとても癒やされます。

そばでリラックスしている彼女の姿を見ると「男としての自信」を感じる男性も多いです。

(2)看病してもらえる

たとえば、ひどい風邪を引いたときに看病してもらえる、食事を作ってもらえる……。

男性の多くは体調不良のとき、「そばに彼女がいるうれしさ」を実感し、喜びを感じます。

(3)お互いを支え合い、喜びを分かち合える

どんなことも、ひとりより2人で行うほうが喜びも増します。

同棲して同じ台所に立って食事を作るとき、じんわりと喜びを感じる男性も多いですよ。

彼女をストレスに感じること

(1)家事や掃除をせず「あとでやるから」

決められた家事をせず、「あとでやるから」と告げられる。

お互いさまかもしれませんが、これが何度も繰り返されるとイライラする男性も少なくないです。

(2)彼女がずっと不機嫌

彼女の不機嫌やつらそうな様子が続くと、男性はストレスを感じ、家に帰りたくなくなります。

たとえ女性が男性を責めるつもりはなくとも、男性は「不機嫌の理由は自分にあるのではないか」と考える傾向が強いからです。

(3)連絡なく自宅に友人を招いたり、外泊したりする

同棲中に連絡なく自宅に人を招き入れたり、友人の家に泊まっていた……。

それがきっかけで大きなケンカに発展するケースは多いです。

女性も相手から連絡がないことにストレスを感じると思いますが、男性も同じです。

男性はこう思う! 同棲に必要なルールって?

では、同棲がうまくいくようにするため、決めておいたほうがよいことはあるのでしょうか?

逆に、がちがちに決めておかないほうがいいことと合わせて見ていきましょう。

同棲で決めておいたほうがよいこと

(1)経済的負担はできるかぎり平等にする

経済的なバランスを崩すことは、相手を思いやる気持ちを失う理由のひとつになります。

共同のお財布を作るなど、工夫があったほうがいいですね。

(2)家事の負担は大まかに決めておく

日常の家事負担は大まかに決めておくといいでしょう。

その後、定期的に話し合う時間を持つなど工夫しておくと、男性も前向きになる人が多いです。

(3)同棲の目的を明確にしておく

長く同棲していると、つい結婚を先送りにする男性もいます。

同棲の目的や期間などは明確にするほうがよく、男性が結婚を決める際の後押しにもなります。

同棲で決めないほうがよいこと

(1)細かすぎるルール

門限や家事分担などを細かく決めてしまうことはおすすめしません。

男性の中には「同棲のルール=やるべき仕事」のように感じる人がいるからです。

「2人のためのルール」と考えられないので、細かすぎるルールほど守れなくなる男性は多いですね。

(2)自由すぎるルール

お互いがあまりに自由で、ひとり暮らしと何も変わらないような約束は避けたほうがいいでしょう。

自由すぎることによって起こりうる同棲中の「すれちがい」は、男性が「同棲が無意味である」と考えはじめる理由になるからです。

彼氏と同棲するとき絶対してはいけないこと

同棲中、男性への過剰な「依存」「心配」が、破局へのきっかけを作ります。

ここでは、彼氏と同棲するときに注意した点について見ていきましょう。

(1)彼氏に過剰に依存したり、彼氏からの依存を引き受けたりする

一方的な依存は喜びのない関係を生み出します。

同棲すると、2人で助け合う場面も出てくると思いますが、特に家事や金銭面で男性に依存しすぎると、男性の気持ちは冷めます。

逆に、男性の依存を過剰に引き受けることも、相手の依存をさらに引き出すので避けましょう。

(2)彼氏の前で女性であることを忘れる

彼氏の前でくつろぐときにだらしない格好をしたり、ムダ毛処理をしたりすることなどは避けましょう。

これもひとつの彼氏への依存です。

まったく気にしない男性もいますが、2人の間に適度な緊張感がなくなり、マンネリ化しやすくなるというデメリットがあります。

(3)意図的に彼氏のプライバシーをのぞく

同棲すると、彼氏のプライバシーを見られる機会も増えると思いますが、彼氏のスマホをのぞき見たり、カバンの中身をチェックしたりするなど、意図的に相手のプライバシーをのぞく行為は、男性の不信感を強く刺激します。

それこそ「一緒に住まなければよかった!」と男性が思う瞬間なので、注意してください。

(4)彼氏の収入や仕事の心配をする

デートするだけの関係よりも、同棲して一緒に住むことで、収入や仕事についてより2人の問題として捉えがちになります。

しかし、男性には「仕事の状態・収入=自分の価値」という感覚があるので、あれこれ心配しすぎることも考えものです。

彼が仕事や収入面で悩んでいたなら、「大丈夫だからね(私もいるから)」と話し合うぐらいがちょうどいいですよ。

男性が同棲どまりで別れたいと思う基準とは?

結婚生活の準備として同棲するケースもありますが、中には、「同棲したのに結婚しない男性」もいます。

男性が、同棲どまりで彼女とは別れたいと思う基準とは、なんなのでしょうか?

彼氏が「本音を言いづらくなる」ということが、ひとつの基準です。詳しく見ていきましょう。

(1)自己主張が強すぎる

私はちゃんとがんばって家事もこなしている……そう話す女性の意見は、きっと正しいのでしょう。

ただ、そういった女性の自己主張が強すぎると、男性は本音を言いづらくなり、女性のそばにいる意味も見失いがちになります。

女性の努力は素晴らしいです。

だから、もう少しだけ彼に上手に甘えてみてください。

同棲には“努力”も必要ですが、“ロマンス”や“お互いが楽しめる時間”などのご褒美も必要です。

(2)女性としての魅力を感じなくなった

男性が彼女に魅力を感じなくなる理由はさまざまです。

「男性の愛情がなくなった場合」だけでなく、「いい緊張感がなくなった」「感謝がなくなった」「すれちがう時間が増えた」「まるで親子のような関係になった」など、2人の距離感があいまいになり、男女の感覚が喪失したときに起きやすいのです。

この場合は、2人の中に感謝や緊張感はあったかなど、関係を見つめ直す時期といえます。

(3)仕事に支障が出ている

同棲生活の影響で仕事に支障が出はじめると、男性も結婚は考えなくなるでしょう。

「さすがに疲れた、別れたい」と男友だちに本音をこぼす人もいますよ。

この場合は、お互いに無理をして生活している可能性があり、相互理解が不足しているのでしょう。

お互いにどんな思いで過ごしてきたのか、どんな不安や不満があったのか、溜め込まず正直に語り合うときです。

お互いが素直になり、相手を尊重すれば幸せになれます!

同棲生活では問題が生まれることもありますが、決めるべきルールは決め、お互いが素直になり、相手を理解し尊重できればうまくいくことも多いです。

くれぐれも不満は溜め込まず、感謝の気持ちを忘れずに、素敵な同棲生活を送ってくださいね。

(浅野寿和)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]