お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

「甘えん坊」な男性の特徴と付き合わないほうがいい3つの理由

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

甘えん坊男子の特徴

ここでは、前述した1と2のタイプの男性に多く見られがちな特徴を7つ、解説させていただきます。

1.熱しやすく冷めやすい

これは愛情飢餓タイプにものすごく多いです。

その理由としては、彼らがそれぞれ望む「理想の女性像」を交際前の女性に無理やり当てはめるから燃え上がるのであって、交際後にその理想から彼女が離れていくにつれ、「思っていた人とちがった」となるからです。

マザコンタイプの男性の場合は、彼女が自分のお母さんとかけ離れていくにつれ、冷めていきますね。

2.浮気に走りやすい

これも愛情飢餓タイプに多いです。自分の理想とちがったと感じた瞬間から、「ほかに自分の理想通りの人がいるはず」と、次の依存先の女性を探していることは珍しくありません。

同時進行で付き合ったりセフレを作ったりして、バランスを取り、満たされない自分の穴を埋めていることがよくあります。

マザコンタイプの場合だと、自分のお母さんに似た人を求めて浮気する傾向にありますね。

3.ひとりでいられない

自分で自分の機嫌を取ることができないことから、その穴埋めを恋人にしてもらおうとします。

恋人がいないときは、常に誰かとつるんで遊んでいることも多く、孤独にめっぽう弱いです。

4.こちらの都合を考えない

これは相手の人間性によるところも大きいですが、精神的自立を果たしていない甘えん坊タイプの男性は、高確率でこの特徴に当てはまります。

「今忙しいから」と言っているのに連絡を頻繁にしてきたり、彼女の仕事の都合で会えない日が続くと「もう俺のこと好きじゃないの?」「なんで会ってくれないの?」と聞いてきたりなど、こちらの都合を考えないような言動をしてきます。

ほかにも、体調が悪く寝込んでいるとき、「今からお見舞いに行こうか?」「何か作って持っていくよ」と、一見すると相手の優しさと錯覚してしまうようなことを相手が言ってくる場合があります。

しかし、ほとんどの場合、心配している風の「なんとかしてつながって、自分のさみしさを解消させたい」というただのエゴです。

5.恋愛の優先順位が高い

彼らの多くは、毎日連絡をしてきて頻繁に会おうとします。

同じように恋愛の優先順位が高い女性からすると嬉しいことかもしれませんが、精神的自立を果たしていない甘えん坊タイプの者同士が交際すると、高確率で共依存状態になりますね。

なぜなら、お互いが自分の満たし方がわからないから、その穴埋めを相手にしてもらおうとするからなんです。

ちなみに、この項目に当てはまる甘えん坊な男性は、かなりの確率で暇です。

6.すぐ「好き」と言う

相手が精神的自立を果たしていない場合だと、純粋に好きだから好きと言っているのではなく、その言葉の裏には、「こんなに好きと言ってるんだから、同じようにキミも俺のことを好きでいてね」という下心が込みです。

要は、見捨てられたくないがための愛情表現であるといってもいいでしょう。

7.ロマンチスト

基本的に甘えん坊な男性はロマンチストが多いです。

彼らの中には、歯の浮くような台詞を平気で言ってきたり、ロマンチックなシチュエーションにこだわったりすることも珍しくありません。

また、「好き」という言葉同様に「ずっと」という言葉も多用する傾向にあります。

次ページ:甘えん坊男子の上手な扱い方

お役立ち情報[PR]