お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

彼氏に「結婚したい」と思わせる方法

澤口珠子(婚活・女子力アップコンサルタント)

今の彼氏との結婚を夢見ている女性、多いですよね。
実は、その夢を早く実現するためにはポイントが2つあります。まず、男性が結婚したいと思う瞬間やサインを見逃さないこと。そして、自分から積極的に動き、彼に自分と結婚したいと思わせること。
今回は、彼氏に「結婚したい」と思わせる方法について、婚活コンサルタントの澤口珠子さんに聞きました。

男性が「結婚したい」と思う瞬間とは?

一人暮らしで体調を崩し、気が弱くなったとき


体調を崩して寝込んでいるとき、看病してくれた彼女との結婚を決意する男性は多いです。気が弱くなったときほど、他人の親切が身にしみるもの。彼が寝込んでいるときはやさしく看病したり、食べ物を差し入れてあげましょう。

まわりからプレッシャーを受けたとき

両親や親戚から結婚へのプレッシャーを受けて結婚したいと思う男性は多いです。特に年末年始に実家に帰省したときは、年始ということもあり、今年こそ結婚したい! とより強く思うもの。また、仲のいい友人が結婚して幸せそうな姿を見たときも同様です。結婚式の二次会は最大の合コンの場とも言われるゆえんですね。

転勤など環境の変化があったとき

転勤が決まったときに、このまま遠距離で交際を続けるのか、それとも結婚するのか。結婚する場合、自分と一緒についてきてもらうか、自分が戻ってきたタイミングで結婚するのか、など。このように、転勤などの環境の変化が、彼女との結婚を具体的に考えるきっかけになるという男性も多いです。

仕事が落ち着き、収入が安定的しているとき

男性は仕事が忙しいとき、不安定なときに結婚は考えられないもの。仕事が落ち着き、かつ収入が安定したときにはじめて、家庭を持ちたいと思えるようになります。彼の仕事がひと段落して時間に余裕ができたり、昇格してお給料がアップして経済的なゆとりができたりしたときはねらい目です。

次ページ:彼氏に「結婚したい」と思わせる方法【OK行動とNG行動】

お役立ち情報[PR]