お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏が音信不通になった本当の理由! 連絡はどれくらい待つべき?

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

彼氏が音信不通になったときの対処法

では、具体的に音信不通になった彼と再度連絡をとるためにはどうしたらいいのでしょうか?

連絡はこちらからしてOK

連絡は女性からしてOKです。

頻度でいうと1カ月の間に3回程度であれば問題ないと思いますが、相手の男性の受け取り方次第なので、残念ながら正解はありません。

内容は「2回の様子伺いと1回の意思表示」

最初の2回ぐらいは様子伺い、もしくは近況報告で、3回目はちゃんと思っていることを相手に伝えましょう。

伝えるときのポイントは、「自分が今どう思っていて相手に何を伝えたいか→相手の事情を相手の立場になって考える→その上で正しく伝えるためにはどういう言い方をすればいいかを考える」となります。

ちなみに、ブロックされているときはどうしたらいいか? という相談を受けることもあります。

これは対処法も何も、今までの関係性がどうであれ、ブロックされて拒絶されたという事実が現実として起こっているだけ。どうにもできひんで? 諦めろ。

連絡がないときの不安をかき消すには?

連絡がないときの不安。それはどこまでいっても、自分の時間を充実させることでしか解消ができないんです。

人間の脳というのは考えたくないことほど考えてしまうようにできていまして、これを解消するには、「ほかに考えなければいけないこと」を作らないといけないので、とにかく暇な時間を徹底的につぶすことが課題になります。

恋愛ですぐ相手に依存してしまい、頭が恋人一色になってネガティブ思考が止まらない女性はかならずといっていいほど暇なので、できるかぎりひとりの時間を充実させる必要があるでしょう。

以上が、音信不通になる男性心理と対処法になります。

彼氏に重く思われたくない、うざがられたくないという気持ちから、せっかく付き合っているのに思っていることを言えない女性が多いです。

しかし、大事にしてほしいなら、前述したように相手に対して思っている言いたいことを、相手の事情を考えた言い方で伝える必要があります。

音信不通にされるのが嫌なら、その気持ちはちゃんと相手に伝えるべきです。

それで取り合ってくれないような相手であれば、その男性は向き合ってくれないか、交際が続いていても、今後もまた同じことを繰り返すことを忘れてはいけません。

(藤本シゲユキ)

※画像はイメージです

※この記事は2019年03月09日に公開されたものです

藤本シゲユキ(リアライフカウンセラー)

1975年、京都府に生まれる。

17歳~29歳までバンドマンとして活動、30歳を目前にホスト業界に転身する。その後、ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。これまでに培ったノウハウを改良し研究を重ね、現在は悲恋改善アドバイザーとして活動中。

豊富な人生経験と鋭い感性、洞察力を基に、恋愛&生き方を指南するブログ「だまされない女のつくり方」は、月間100万PVにのぼる人気ブログに。著書には『本命になる技術』(WAVE出版)、『これまで、何も起きずに終わっていたあなたへ友達をつくるように、彼氏ができる本』(大和出版)、『幸福のための人間のレベル論―「気づいた」人から幸せになれる!』(さくら舎)『本当の彼氏のつくりかた』(廣済堂出版)がある。

この著者の記事一覧 

SHARE