お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

浮気を許すなら絶対決めるべき「6つの条件」

タイガモンスター

彼氏の浮気を許すときに約束するべき「6つの条件」

それでも彼氏の浮気を許して関係を続けると決めた場合は、今までとまったく同じように放置しておくわけにはいきませんよね。

もうこういったことを繰り返させないためにも、浮気が発覚してあなたが上の立場に立っているうちに今後も付き合っていくためのいくつかの条件を決めさせましょう。

条件1:旅行に連れていってもらう、ほしいものを買ってもらう

つまりは浮気の代償を払わせるということですね。金銭的負担を負わせて「浮気のダメージ」を相手にも実感させることが重要です。

僕はどちらかというとほしいものを買ってもらうよりも、旅行や少し豪華なデートに連れて行ってもらうほうが仲直りのきっかけにもなるので望ましいかなと思います。

この際のポイントは彼氏にとって「償い」がメインになってしまわぬよう2人で楽しむための工夫をすること。

たとえば、旅行であれば旅費は彼氏に払ってもらう約束をして、2人で旅行先のスポットを一緒に調べてルートを決め、着いてからの食費などはあなたが出してあげるなど、彼にとって旅行自体が苦痛にならないようにしてあげてください。

浮気されたことによる怒りは一度鎮め、2人の今後のため、関係修復に尽力しましょう。

条件2:2度目はないと伝えること

そうはいっても上記の償いをすることによって、彼氏に浮気の罪が消えたと勘違いされては元も子もありません。

しっかりと「次浮気を繰り返したら必ず別れる」ということを伝えておきましょう。

条件3:しばらくはどこに誰と行くかを逐一報告させる

僕の女友だちに、浮気が発覚したあと彼氏に位置情報共有アプリを入れさせ、常に彼がどこにいるかを把握できるようにした子がいます。

ですが、彼氏にとってはそれがかなり窮屈だったらしく、1回目の浮気以降にほかの女の子と遊ばなくなったものの、2カ月ほどで彼女にも冷めてしまい、結局振られてしまったということがありました。

彼の行動を把握したいのはわかりますが、きつく縛りすぎて心が離れてしまっては意味がないですよね。

そこで外出や飲み会への参加は許し、しばらくはどこに誰と行くのかだけ報告させるくらいがちょうどいいでしょう。

条件4:月に1回はどこかに出かけるデートの約束をする

これは今後の関係を再構築するための約束です。

彼氏が浮気をする原因はさまざまありますが、家でのダラダラデートなどありきたりなプランばかりではダメ。彼は、あなたといることにドキドキ感を抱かなくなってきているのかもしれません。

付き合いはじめのころのようにどこかに出かけて刺激を得ることで、またラブラブになれる可能性は十分にあります。

2人でお出かけデートをする最低頻度を決めてみてはいかがでしょうか。

なお、ここまでに紹介したものは「彼氏の気持ちを再び自分だけに向けさせるための条件」です。

これらに加えて、カップル内で浮気が起きてしまった場合、浮気された側も自分のなかで決めるべき約束があると僕は考えます。

条件5:許すと決めた以上浮気のことを蒸し返さない

浮気をしたのは彼氏ですが、2人のあいだで問題が解決したあとに、浮気の話を蒸し返すのは好ましくありません。

というのも、ケンカの度などに過去の過ちについて再三言われてしまうと、嫌気がさしてしまう男性がほとんど。あなたといることが楽しくなくなってしまうかもしれません。

一度許すと決め、彼氏の反省を確認したのであれば、そのあとは水に流すとまではいいませんが、繰り返し浮気のことを口に出すのはやめましょう。

条件6:自分への好意を何度も確かめようとしないこと

浮気をされ、彼氏がもう自分のことを好きではなくなってしまったのではないかと不安になる気持ちはわかります。

しかし、しっかりと謝罪をして付き合い続けたいという意思を伝えてきたということは、彼氏にとっては今もあなたが一番だということ。

「私のこと好き?」と何度も恋人に聞いてしまうことを社会心理学では再確認傾向といい、再確認傾向の高い人はと抑うつを悪化させやすいことが報告されています。

過度に愛情確認をすることでストレスを感じてしまい、疲れてしまうのは彼もあなたも一緒。自分のところに戻ってきた事実に自信を持って、普段通りに彼に接しましょう。

浮気を許すなら強気な「いい女」になれ!

今回は彼氏の浮気を許すと決めた場合の「許し方」について、僕の持論を述べさせていただきました。

できることなら浮気されないことが一番ですが、もしされてしまい、どうしても別れる決心がつかない際には彼氏を「どう許すか」に視点を移してみてはいかがでしょうか。

(タイガモンスター)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]