お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

長続きするカップルの特徴。ポイントは「LINEの使い方」

コラムニスト・ひかり(恋愛コラムニスト)

長続きするカップルと早く別れるカップルの“特徴の差”とは? LINE頻度や会話の内容からわかる「長続きの秘訣」を恋愛分野を得意とするコラムニスト・ひかりが解説します。

こんにちは。コラムニスト・ひかりです。

私は読者さんからさまざまな恋愛のお悩み相談をいただきますが、やはり現代では、「長続きする恋愛をすることの難しさ」を感じている人は多いように思います。

どうすれば、長く付き合える関係を築けるのでしょうか? 今回は、「長続きするカップルに共通する特徴」、LINEや会話傾向から「交際を長続きさせる秘訣」を紹介します。

3年以上続かない人は、半数以上

一般女性に「一番長く付き合った恋愛の交際期間」のアンケートを取ったところ、下記のような結果が出ました。

Q.一番長かった交際期間を教えてください。

第1位「1年以上2年未満」(20.6%)
第2位「2年以上3年未満」(17.2%)
第3位「半年以上1年未満」(12.1%)
第3位「3年以上4年未満」(12.1%)
第5位「4年以上5年未満」(9.7%)
第6位「1カ月未満」(7.3%)
第7位「5年以上7年未満」(6.7%)
※有効回答数495件。単数回答式、第8位以下省略

個人的には、「3年以上続くようなカップルであれば、その後も続きやすい」と思うものですが、アンケート結果によると、今までで一番長く付き合ったのが「3年未満」の人が全体の56.6%。

半分以上の人が3年以上続く恋愛をしたことがない、という結果になりました。

一番長かった交際期間の1位は「1年以上2年未満」となっていますが、付き合って1年が経過したときに「このまま関係を続けようかどうか」を考えはじめる人は多いようです。1年間、相手と過ごした月日によって、2人の相性が見えてくるところもあるからでしょう。

ただ、正直いうと、単に「相性の良し悪し」だけが、交際が長続きするのかのポイントになるのではなく、どんなに相性が良くても別れてしまうカップルもいます。

長く続く関係になるためには、“ある能力”が大切なのです。

長続きするカップルの特徴とは?

付き合ったものの、すぐに合わないと別れてしまうカップルがいる一方、長く付き合っていけるカップルもいます。すぐ別れてしまうカップルと長続きするカップルには、どんな“差”があるのでしょうか。

「長続きするカップル」に共通する特徴から紐解いていきましょう。

(1)いい関係を築くために“自分が”変われる

恋愛に対してのこだわりが強く、恋人に理想を押しつけてしまう人がいます。

恋人からの「こうなってほしい」「恋人ならこうすべきだ」といった要求が多くなればなるほど、次第に“自分らしさ”を失っていき、一緒にいるのが段々と息苦しくなってしまうのは当然のこと。そうすると、やがて別れを切り出す未来が待っています。

完璧な人間など存在しません。

たとえ相手に何か欠点があったとしても、それを直すよう要求をするばかりでなく、相手の欠点に対応できるように“自分が”変わることのほうが簡単なこともありますし、大切なことです。

長続きするカップルは「相手を変えよう」とするのではなく、長く付き合っていけるように「自分を変える」ことができる2人でしょう。

(2)「別れないことを前提」に行動する

「やっぱり彼(彼女)じゃないかも。別れちゃおうかな?」なんて考えがすぐに頭によぎるようでは、誰と付き合っても長続きしないでしょう。

「別れないことを前提」に、関係を築いていかないと、前向きな言動はできなくなってしまいます。

中には、価値観が合わないことがあると、すぐに「別れる!」と口にする人もいます。

言っているほうは軽い気持ちで言っているのだとしても、言われたほうにしてみたら、「私は一生懸命関係を築こうとしているのに、相手はその程度の気持ちなのだ」とがっかりしてしまい、信頼関係が壊れてしまうことがあります。

だから、納得いかないと「別れる!」を常套句にしてしまう人は要注意です。

今までちがう環境で生まれ育ってきた2人が、まったく同じ価値観なんてことは皆無。合わないことも当然あります。

そんなときに「別れる」という選択ではなく、価値観を理解し合うための「話し合い」を選択できるかどうか。そこに長く続くカップルと別れるカップルの差が存在しているのです。

(3)恋愛以外にも大切なものを持っている

長く付き合っていくと、「恋のドキドキ」が「愛の安らぎ」へと変わっていきます。そんなときに“恋愛体質”の人は、ほかにドキドキできる相手を探そうとしがち。

恋のマンネリを耐えられる人になる方法をひとつ挙げるとすれば、「恋愛以外のものでワクワクしている人になること」です。趣味や仕事などにも、ドキドキできるものを見つけましょう。

そうしたら、恋愛ばかりに刺激を求め、マンネリになったら新たな恋を追い求めるような残念な人ではなくなります。

(4)折り合いをつけられる

相手と自分の要望がちがうときは、「折り合いをつけられるかどうか」が重要なポイントです。それができないと、どちらか一方が我慢するしかないからです。

それは「相手の立場に立って物事を考えられるようになる」ということでもあります。自己中な人は自分の立場ばかりで物を言いがちですが、相手の立場に立って見ると、相手の気持ちがわかることもあります。

「正しさ」なんて、人それぞれでちがってくるもの。お互いが譲歩し合い、納得できるような方法を見つけていければ、それが2人にとっての「正解」なのです。

(5)「向き合い力」を持っている

「向き合い力」とは、お互いのことを理解し、折り合いをつけていくためにも大切な「コミュニケーション能力」のこと。

関係がうまくいくカップルは、きちんと自分の気持ちを伝え、相手の気持ちも聞き、わかり合おうとします。

一般的には、長く付き合えば付き合うほどお互いが持つ共通言語が増え、時間をかけずとも阿吽の呼吸で理解し合えるようになるもの。一緒に過ごしてきた月日の長さと共に、「一緒にいること」が心地よくなってくるカップルが理想です。

このようにずっと一緒にいられるカップルになるためには、お互いに「関係を築く力」と「コミュニケーション能力」があることが大切です。

では、長続きするカップルは、どんなコミュニケーションをとっているのでしょうか?

次ページ:長続きカップルの傾向は「LINE」からわかる

お役立ち情報[PR]