お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

助けて。失恋して死ぬほど辛いあなたに知ってほしいこと

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

失恋して辛いときにやってはいけないこと

失恋すると、悲しみのあまり「こんな思いをさせるあの人が憎い」と相手を恨んでしまうことがありますが、それではその人を愛していた自分まで否定することになります。

繰り返しますが、失恋はひとつの結果でしかありません。

相手を憎んでも愛情が返ってくるわけではなく、逆にそれまでのふたりを自ら拒絶することで、いつまでも失恋の辛さから抜け出せなくなります。

失恋は、どちらか一方の責任ではありません。

恨みや憎しみのようにネガティブな気分を持ち続けることは、何よりあなた自身を傷つけます。愛していた自分を否定しないことが、立ち直る勇気を与えてくれると思いましょう。

失恋を乗り越えた先には幸せがある

失恋して苦しいとき、「あの人のいないこれからなんて考えられない」と、未来について希望を持てないという人もいるかもしれません。その人を本気で愛していたぶん、失恋すると自分のすべてが失われるような気がしますよね。

ですが、本気で愛していたからこそ、失恋を乗り越えた先には「これからも誰かを愛していけるあなた」が待っています。その人をしっかり愛することができたあなたは、また次の人ともしっかりと向き合える恋愛ができるでしょう。

失うのは、あなた自身ではなくその人との恋です。そのとき頑張っていたあなたの心は生きています。失恋の痛みは、優しさの糧になります。「次はもっとこうしよう」「次はこんな自分でありたい」と思えるのは、まだ見ぬ次の恋の相手にも、自分にも、前向きに関わりたい心を取り戻せるからです。

死ぬほど辛い失恋を乗り越えた先には、今までより幸せな恋愛ができるあなたがいます。だから、今は失恋はひとつの結果でしかないことを受け止め、辛さや悲しみを否定せずに自分を癒やしてあげてくださいね。

(ひろたかおり)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]