お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

助けて。失恋して死ぬほど辛いあなたに知ってほしいこと

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

失恋から立ち直るための過ごし方

では、「この辛い気持ちから早く抜け出したい」と思ったときにはどうすればいいのでしょうか。失恋から立ち直るための過ごし方をお話ししていきたいと思います。

(1) 辛さや悲しみにフタをしない

辛さや悲しみは、フタをしようとすればするほど重みが増して心に溜まっていきます。無理やり気晴らしに出かけてみても、仲間といるときは忘れていられたけど、家に帰ってひとりになるとやっぱり思い出して涙が出てしまうこともあります。辛さや悲しみは、否定するのではなくまるごと受け止めてあげましょう

失恋して辛いのは当たり前です。「私は今、悲しいんだ」と苦しんでいる自分を認めてあげることが、自分を癒やす第一歩になります。

(2)記憶を味わう

その人との記憶があふれ出てくるときは、それを味わいましょう。楽しかったことも心が痛んだことも、あなたが愛した大切な時間。思い出すことを恐れず、しっかりと味わうことで失恋の辛さは少しずつ消えていきます

「いつまでも思い出していたら、忘れられないのでは」と思うかもしれませんが、逆です。無理に忘れようとするからいつまでも心の中に居座るのであって、記憶から逃げなければ、その人とのことは「過去」なのだと認められるようになると思ってください。

(3)自分に正直であること

友人の誘いがつらいときは、正直に話して断ること。ひとりでいたくないときは、信頼できる人に電話をかけたり映画を流してみたり、心の声に従って動くこと

失恋から立ち直るためには、ほかの誰でもなくあなた自身を癒やしてあげることが大切です。辛いときに無理をすると余計に心が疲れます。悲しみを抱える自分を認め、過ごしたいように過ごせる時間を持ちましょう。自分に正直であることが、立ち直りたい気持ちを後押ししてくれます。

次ページ:失恋して辛いときにやってはいけないこと

お役立ち情報[PR]