お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

本気になる前に。既婚者が恋愛したくなる理由とそのリスク

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

既婚者の恋心の終わらせ方

もし、既婚女性が夫以外の男性に恋心を抱いてしまった場合。好きな気持ちを手放すのはとても苦しいことですが、考えなければいけないのは相手の立場です。既婚女性と関係を持つことは、独身男性でも既婚男性でも同じように大きなリスクを背負います。人にうしろ指をさされるようなつながりに巻き込むのは、決してフェアとはいえません。

あなたがまず向き合わなければいけないのは、夫です。

夫婦関係にストレスがあるからほかの男性に目が向くのであって、その根本を解決しないといつまでも満たされることはありません。愛し合って結婚した人であれば、その絆を取り戻すことが肝心。思ったことはきちんと伝え、夫からの言葉を待ち、ふたりでよりよい関係を目指すのが本来の夫婦としての姿です。

夫と向き合ってみて、その結果ほかの男性への恋心を貫くと決めたときは、まず夫婦関係を解消します。けじめをつけない状態で相手と関係を持ってしまうのは、リスクが変わらないのでおすすめできません。離婚して独身に戻ったうえで、改めて思いを打ち明けるのが正しい姿勢だと心得ましょう。

安易にほかの男性と関係を持つはすべてを失う危険がある

夫が気に入らないから、レスだし相手にしてもらえないから。そんな理由で安易に夫以外の男性と関係を持つと、ばれたときに払う代償は想像以上に大きく、すべてを失う危険があります。ほかの男性と恋愛したいと思ってしまうのは、夫婦のつながりに問題があるから。まずは原因を見つめ直し、夫婦として話し合うことで、本来なら持つことのなかった感情を捨て去ることができます。ほかの男性に関心を向ける前に、夫への愛情を思い出すこと。自分の立場を忘れず、ほかの人を安易に巻き込むようなつながりは避けるのが、女性としてありたい姿ですね。

(ひろたかおり)

※画像はイメージです

※この記事は2019年03月01日に公開されたものです

ひろたかおり(恋愛コラムニスト)

1977年生まれのライター。主に恋愛系(復縁や不倫、男性心理など)や夫婦問題(コミュニケーションや仮面夫婦など)について書いています。37歳で出産し、一児の母です。人生のモットーは「自分の幸せは自分で決める」。

この著者の記事一覧 

SHARE