お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

原因は何? 人望がない人の特徴と人望を集める方法

小野勝弘(キャリアコンサルタント)

人望の厚い人になるためには

キャリアコンサルティングをする中で、人望があるなと感じる人の行動からお伝えします。

人望を得て何がしたいのか考える

まず、人望を得た先に何をしたいのか、しっかり考えてください。人望を得る人には、チャンスがたくさん廻ってきます。そのチャンスをどう活かすか。どのようなチャンスを望んでいるのか。自分の言葉で考え、伝えられるようにすることが第一歩です。言い換えると、適切な自己開示ができるように準備しよう、ということです。何ができるかより、何がしたいのか、何を起こしたいのかを中心に考えてみてください。

周囲とのかかわりを怖れない

普段からまわりまわりをしっかり見て、かかわっていくことが大切です。人望がある人の中には、自分が何かしてもらったわけではないけど、なぜか信頼できる気がする、といった人もいます。そのためには、毎日の積み重ねが重要です。かかわりのない人が、頼みづらい雰囲気になってませんか? 頼むこと自体が障害となってしまっているケースもありますので、普段からの小さなかかわりを大事にしてください。

自分の仕事をおろそかにしない

自分の仕事はきちんとこなすことです。まわりを助けるのは、自分に余裕があるときだけ。自分を犠牲にしてまわりを助けても、「苦労を掛けてしまった……」という借りしか、相手に生まないケースがあります。人望は貸し借りという次元の話ではありません。まずは自分の仕事をきちんとこなす姿を示してくださいね。

自分を見つめてしっかり仕事をこなしながら、まわりにも配慮し影響を与えていく。この流れを作れている人が、人望ある人に育っています。

次ページ:人望を集めるには、まず自分の幹を確立すること

SHARE