お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

結婚話を切り出してくる彼女、どう思う? #恋の答案用紙

神崎桃子(体験型恋愛コラムニスト)

女性が気になる恋愛のアレコレを、男性たちに2択アンケート調査。結果をもとに、恋愛コラムニストの神崎桃子さんが男心を分析します。今回は、結婚にまつわるアンケート。

■「自分から結婚話を切り出してくる彼女」アリ? ナシ?

付き合っているのに、なかなか結婚しようと言ってこない彼……。

相手がいなけりゃ諦めもつくけど、「彼氏がいるのにもかかわらず結婚できない」なんて状況は、女性からするとなんとも残酷なこと。彼からのプロポーズを今か今かと待ちわびているのに、誕生日もクリスマスもその言葉はなく、ただただ時は過ぎてゆく……。「いつまで待てばいいの!?」と叫びたくなることでしょう。

そんな結婚したい女性たちのために、今回はこんなことをリサーチしてみたよ!

Q.「自分から結婚話を切り出してくる彼女」アリ? ナシ?

アリ:69.7%
ナシ:30.3%
※有効回答数264件

「プロポーズは男の口から……」が昔からの流れですが、今の男性はむしろ、逆プロポーズを歓迎している模様!?

■「結婚話を切り出してくる彼女はアリ」派

◇彼女の気持ちがわかってありがたい

・「そこまで考えて付き合ってくれていると感じられるから、自分も考えなくてはと思える」(39歳/アパレル・繊維/営業職)

・「結婚を意識しているとわかりやすく、こちらの態度も考えなくてはならない」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

そもそも男性は結婚に対して年齢的な焦りがないので、“現状維持”でも問題ありません。女性がイラついているというのに、「別に今の関係で不満はないし、このままでいいや」と涼しい顔をして余裕をぶっかましているのです。

何年も交際しているのにもかかわらず、彼から結婚話が出てこないなら、女性のほうからきっかけを与えるべきでしょう。

◇今の時代、どちらから切り出してもいいと思う

・「こういうのは男からじゃなくてもいいと思う。今の時代、女からのプロポーズもアリ。むしろ待っているだけじゃ婚期を逃すと思うから」(37歳/その他/営業職)

・「多少プレッシャーは感じるが、今の時代、どちらから結婚話を切り出しても違和感ないから」(34歳/その他/その他)

「キミ、待っているだけじゃ婚期を逃すよ!」……こんなことを男性に言われちゃう時代になっているとは。もはや男と女の役割分担がなくなっている昨今、「本来男が女にするもの」というプロポーズの形式も通用しなくなってきているのです。

でも、「男である・女である」という事実は変わりません。男女は常に同等ではなく、能力や体力、身体の構造上から、同じことができるとは限らないのです。男だからこそ得意なこともあるし、女だから苦手なこともあるでしょう。

だから、恋愛や結婚においても男女平等というのは、少し寂しい気がするな~。自分が相手にして与えられること、相手を補うことを考えるのが、恋愛や結婚なのですから……。

■「結婚話を切り出してくる彼女はナシ」派

◇プレッシャーを感じて苦痛になる

・「女性からの結婚話は、男性としては、結婚のプレッシャーは感じると思う。2人の間のなにげない会話であれば問題ないが、改まった場で話をされると苦痛に思う」(36歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分も考えられる相手ならいいが、そうでなければ重く捉えてしまうから」(31歳/医療・福祉/専門職)

女から結婚話をするのが難しいのは、それが相手の重荷になってしまいそうだから。上記のコメントが示すように、男性は逆プロポーズに期待を抱いているはずもなく、むしろ改まって結婚話など出されたら、ストレス以外のなにものでもないのです。

彼に結婚を促したいなら、プレッシャーを与えるのは逆効果! “結婚”という言葉を使うよりも、「これからも一緒にいたい」という気持ちをわかってもらうべきでしょう。

◇こちらのタイミングで切り出したい

・「こっちもいろいろ計画を立てているので、予定が狂ってしまう可能性がある」(25歳/金融・証券/営業職)

・「自分のタイミングで言いたい。仕事もあるので空気を読んでほしい」(35歳/医療・福祉/専門職)

「プロポーズは自分からしたい」「自分のタイミングを見計らって結婚を申し込みたい」という考えの男性からすると、逆プロポーズは男の沽券にかかわること! 「ちょ、ちょっと待ってよ!」と慌ててしまうでしょう。恋愛をリードするのは女性でも、結婚の決定権を握りたいのは男性なのです。

■恋の教訓:「別れてほかの男をみつけるなんてムリ!」なら、女が結婚を誘導すべし!!

付き合っているにもかかわらず、なかなか結婚しようと言ってこない彼にはヤキモキするもの。それもそのはず。だって女性には、妊娠・出産のタイムリミットがあるんだから、平穏でいられるわけがない。

しかも親からは「結婚はまだなの?」とせっつかれ、「孫の顔が見たい」と煽られ……。そう、なかなか結婚しない女に対する世間の目は厳しいもの(泣)。だからこそ「結婚に二の足を踏んでいる男に時間を費やす」など、結婚適齢期の女からするともったいないこと!!

しか~し、女が結婚を迫ったところで、男が「俺も結婚したい」と賛同しなければただの前のめり行為。恋愛コラムニスト・神崎桃子としては、結婚に煮え切らない男などスパッと切って別の男を掴んでほしいけど、「今さら新しい男を探すなんてことできない」というなら、ここで踏ん張るしかない!

結婚に重い腰を上げない男には、“結婚を意識させるためのプレゼン”をしましょう。「2人で生活するとこんないいことがある」「私と一緒にいることでこんな得をする」など、相手に結婚のメリットを伝えること。それがイマドキ女子の賢いプロポーズなのです!

(文:神崎桃子、イラスト:タテノカズヒロ、構成:マイナビウーマン編集部)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2018年8月27日~8月29日
調査人数:264人(22~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]