お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

一人暮らしの生活費っていくらかかるの? 社会人の平均は?

川部紀子(ファイナンシャルプランナー/社会保険労務士)

何かとお金が必要なのが社会人の一人暮らし。一体どのくらいのお金がかかるのでしょうか。毎月の生活費の内訳や、必要なお金、節約についてファイナルシャルプランナーの川部紀子さんに聞きました。

一人暮らし社会人に必要な生活費の目安

たとえば、東京での女性の一人暮らし。家賃や光熱費、食費など、毎月どんなことにいくらくらいのお金がかかるのかを把握し、自分の支出の目安にしてみましょう。

一人暮らしの社会人、平均の生活費は?

東京で仕事をしている一人暮らしの女性の生活費は、平均約21万円~23万円と考えられます。平均価格に幅があるのは、東京の中でも住む場所によって平均家賃が異なるからです。都内のある2駅のデータでは、A駅の一人暮らし用平均家賃は6万7863円、B駅では8万6922円というように大きく差があります。

一人暮らし生活費の内訳

一番大きなウェイトを占める家賃以外の生活費は、総務省家計調査(2017年 単身・勤労者・関東)によると、食費4万3206円、光熱・水道1万464円、家具・家事用品4646円、被服及び履物6739円、保健・医療8080円、交通・通信1万8314円、教養娯楽2万989円、他3万2318円。家賃以外の生活費の合計はおよそ14万4000円となっています(1000円未満四捨五入)。

自分の支出と比べてみていかがですか? 平均より多いもの少ないもの、さまざまあるかと思います。他の人の支出と比べてみることで、自分の金銭感覚を見直してみるのも大切ですよ。

次ページ:社会人の平均収入と貯金

お役立ち情報[PR]