お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

独占欲が強い彼氏の心理と付き合い方

湯田佐恵子

あなたの彼氏は独占欲が強いですか? 若いころは「好きだから受け入れてあげたい」と感じることもありますが、長く続くとたまったものではありません。独占欲の強すぎる彼氏とうまく付き合っていくことはできるのでしょうか。また、そもそもどうして独占欲は強くなってしまうのでしょうか。今回は独占欲の強い男性の心理について、心理カウンセラーの湯田佐恵子さんに教えてもらいました。

独占欲が強い男性の心理って?

嫉妬や独占欲は女性の専売特許のように思われがちですが、男性でもたくさんいます。ここでは、独占欲の強い男性の心理についてチェックしていきましょう。

独占欲が強い男性の心理

まずは、独占欲が強くなってしまった原因についてありがちなケースを解説します。

・幼少期の母子関係から「自分は女性に愛されない」という思い込みがある
・家族内にサバイバル的な競争心理があり「愛は奪い合うもの」という思い込みがある
・「愛されるはずがない」+「愛は奪い合うもの」という思い込みから、相手の愛情を疑う結果、強引になる

幼少期に何らかの事情で母親から愛情を満足に受けられないと思い込むと、「どうせ自分は誰からも愛されない」という、自分にも人にも投げやりな態度になってしまいます。さらに父親や兄弟なども含め家族の仲が悪かったりすると、「愛は足りないから奪い合うもの」という思い込みにつながるのです。。そんな幼少期の体験は、大人になって新たな対象を見つけても自分自身が本当に愛され続けるか自信が持てなくさせます。「愛されない」という思い込みが、実際の様々な失敗体験を重ねることでさらに強化されていき、結果として極度に相手を疑い、過度にな要求癖を身につけていく……そんな事例が多くみられます。

独占欲と聞くと生まれつきわがままなのかと思いがちですが、幼いころの寂しさや悲しさが影響しているんですね。

彼の独占欲の強さをチェック

独占欲が強い男性の特徴をまとめました。自分の彼氏に当てはまる箇所がないか、見てみましょう。

□「今、何してる?」と常に行動をチェックする
□「これから○○しに行こうよ」など急な要求をする
□自分以外との約束について執拗に追求する
□彼女の状況を構わずに連絡をする
□自分以外との予定をやめさせようとする
□自分好みのファッションにさせる
□要望ばかりで彼女の希望には応じない
□別れを切り出しても納得しない

次ページ:独占欲が強い彼氏との付き合い方

SHARE