お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

新しい出会いを求める人へ。嘆く前にやるべき3つのこと

菅谷みき子

普段の生活ではなかなかいい人と出会えず、「出会いがない!」と思っている人もいるのでは? そんな人に向けて、新しい出会いを得るためには何をすべきなのか、何をしてはいけないのか、男女の出会いのエキスパート、株式会社オーネット・菅谷みき子さんに教えてもらいました。

■新しい出会の前にやっておくべきこと3つ

新しい出会いを求める前に、何かやっておくべきことはあるのでしょうか?

◇「出会いたい男性像」を整理してみる

新しい出会いを求めようとすると、「王子様のような男性が目の前に現れるかも!」と期待が膨らんでしまうかもしれません。しかし、「もっといい人がいるはず……」と考えてしまう、いわゆる「もっともっと病」にならないように気をつけるようにしましょう。

「もっともっと病」は、恋愛だけではなく婚活でもよく起こりうることですが、“自分が男性に望むことはどのようなことなのか”というポイントを、まずは現実目線でメモに書き記すなどして整理するのがおすすめ。せっかくの出会いの機会を無駄にしたり、交際がはじまってから「しまった! この人ではなかった」と後悔したりすることが大幅に減ると思います。

◇異性のいいところを見つけて伝えられるよう練習をする

新たな出会いを求めるということは、これから出会う男性に対して“ポジティブな姿勢で接する”ことが大切。どういうことかというと、(男女問わず言えることですが)出会った異性に対して「背が高くないからダメ」、「顔が好みではないからダメ」、「喋り方・話す内容がダメ……」と、減点法で接していては、いつまで経ってもいい出会いは期待できません。むしろ新しい出会いとは、そもそも自分がこれまでネガティブに思っていたことでさえ、ポジティブに変えてくれるような人との出会いでなければ意味がないのです。

そのための訓練のひとつをご紹介します。よく利用する電車やバスの中などで見かける異性でもいいので、その人と出会ったと仮定します。そしていい点をまず3つ見つけましょう。さらに、それを相手に伝えることを想定し、「どのように伝えたら相手が気持ちよく聞いてくれるのだろう?」と心の中でしっかりと考えて、それを言葉に置き換えてみてください。

実際に出会った異性に対してもこれを実践できれば、あなたの印象も格段にアップし、また相手も同様にあなたに接してくれるはずです。こうした出会いの場面での対応が、そのあとの関係性にも大きく影響することはご理解いただけると思います。

◇自分らしさを伝えるため「見た目」も大切

いくら理想の人に出会ったとしても、相手から気に入ってもらえなければ何にもなりませんよね。そのためには日ごろから、手を抜くことなくしっかりと「自分磨き」をやっておく必要があります。

ここでいう「自分磨き」とは、自分自身が持つ魅力を最大限に引き出せるような工夫をすること。少し大げさな表現かもしれませんが“自分をプロデュースする”という意識を持つということです。「高級エステサロンにいく」や「過激なダイエットをする」ということではありません。例えばいつも行くヘアサロンで、プロの方に自分に似合う髪型やメイクであるかどうか聞いてみたり、服装についてもショップの店員さんにアドバイスしてもらうなど、第三者の目で見てもらいましょう。

自分らしさが表現できているかどうかを確認してもらうことは、普段から必要ですね。日ごろからそういった意識をしているのとそうでないのとでは、あなた自身の魅力も大きくちがってくるはず。またちょっとした立ち振る舞い、例えば、「好感の持てる笑顔でいつも人に接する」などの内面的なことも含めて、日ごろから意識して実践しておくことが、新しい出会いのチャンスの成功率を高めることにつながります。

次ページ:出会いを求める人がやってはいけないこと

お役立ち情報[PR]