お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

アロエは危険!? 正しい日焼け後のケアを皮膚科医が解説

三輪菜つ美

01

プール、海、バーベキューや野外フェス。夏はおでかけの機会もたくさんありますよね。でもその分、日焼けの危険性も増えます。もし肌が焼けてしまったとき、日焼け後のケアはどのようにしたらよいのでしょうか。皮膚科医の三輪菜つ美先生に教えていただきました。

■日焼けってどんな状態?

そもそも日焼けとはどんな状態なのでしょうか。日焼けの原因と症状について、三輪先生に聞いてみました。

三輪:日焼けとは、皮膚が紫外線を浴びることで、肌が炎症を起こして赤くなる急性症状である「サンバーン」と、メラニン色素が皮膚表面に沈着して引き起こす「サンタン」の2種類があります。

◇サンバーン

サンバーンの場合、紫外線を浴びてから2~6時間程度経過すると皮膚が赤くなり、その後痛みが生じます。メラニン色素が防衛できる量よりも多く紫外線を浴びると、細胞組織が損傷し、発熱、水ほう、痛みなどの症状が現れるのです。

◇サンタン

サンタンは、紫外線を浴びてから3~8日後に皮膚が浅黒く変色し、その後皮膚がはがれる症状のことです。サンバーンのように、痛みを伴うことはほとんどありません。

次ページ:正しい日焼け後のケア

お役立ち情報[PR]