お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ボディケア

足のにおいの原因はコレ! においを消す方法を皮膚科医が解説

山下真理子

01

夏になると、靴の中で足が蒸れて臭くなったり、裸足になったときににおいが気になったりしますよね。嫌な足のにおいの原因と対策法について、皮膚科医の山下真理子先生に解説していただきました。

足が臭くなる原因

02

そもそも、なぜ足が臭くなってしまうのでしょうか。足のにおいの原因について教えていただきました。

山下:暑い時期になると足に汗をかくこともあるかもしれませんが、足の裏にかく汗は無臭なので、足も本来無臭なのです。それなのに足が臭くなってしまうのは、以下の原因が考えられます。

足の雑菌

足のにおいは、足の汗や皮脂、皮膚・爪の汚れをエサにする雑菌が出す排泄物によって起こります。特に白癬菌(はくせんきん)と呼ばれる菌が、悪臭の原因になると言われています。

靴や靴下

においの原因菌は、高温多湿な場所で繁殖しやすいため、湿気の多い夏は特に注意が必要です。通気性の悪い靴や靴下を長時間履いていると、臭いの原因菌が繁殖して臭いが発生しやすくなるでしょう。

ストレス

ストレスがたまると、自律神経がたかぶって汗をかきやすくなります。足の裏には汗腺が多いため汗をかきやすく、雑菌が繁殖してにおいの原因になります。

水虫

白癬菌という菌が汗などをエサにして繁殖し、皮膚の角質層に侵入すると「水虫」になります。白癬菌は、ただ皮膚に付着するだけでは水虫になりませんが、ちょっとした傷などから皮膚の中に侵入しないよう、注意が必要です。

次ページ:足のにおいの解消法

お役立ち情報[PR]