お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

あごニキビができる原因と早く治す方法

三輪菜つ美

01

女性の中には、ニキビに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。顔のニキビは目立つので、どうしても気になってしまいますよね。人それぞれニキビができやすい場所は異なりますが、今回はあごにニキビができてしまう原因や対処法について、皮膚科医の三輪菜つ美先生に解説していただきました。

■あごニキビの原因とできやすい人の特徴

02

あごはそれほど汗をかかない場所ですが、どうしてあごにニキビができてしまうのでしょうか。あごにニキビができる原因と、ニキビができやすい人の特徴について、三輪先生に教えていただきました。

◇あごにニキビができる原因

三輪:あごはあまり汗をかかない場所なので、汗腺はほとんどありません。しかし、比較的皮脂腺の分布が多いため、皮脂が詰まりやすい場所ではあります。また、汗腺が少ないあごは乾燥しやすく、インナードライになりやすいため、ニキビができやすいのです。

女性の場合、排卵日から生理までの2週間前後に、あごニキビができやすくなります。この時期は黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンの分泌が増えて、皮脂が過剰分泌されやすくなるからです。また、あごは男性ホルモンの影響も受けやすい場所でもあります。ストレスがかかって自律神経が乱れると、男性ホルモンの分泌が過剰になり、皮脂分泌が活性化されてニキビができやすくなるのです。

◇あごにニキビができやすい人の特徴

三輪:あごにニキビができやすい人の特徴のひとつに、無意識のうちに「手で触っている」ということが挙げられます。手にはさまざまな雑菌が付着しているので、触れば触るほど、皮膚に雑菌が入り込みやすいのです。また、あごはTゾーンや頬と比べて、スキンケアがおろそかになりがちです。洗顔料のすすぎ残しが多い人も、あごにニキビができやすいと言えるでしょう。洗顔をするときは、洗い残しのないように気をつけてください。

次ページ:あごニキビを早く治す方法

お役立ち情報[PR]