お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

ほうれい線の予防に効果的なスキンケア&エクササイズ

松島桃子

01

顔にほうれい線があると、老けて見られてしまいますよね。ほうれい線は年を重ねた女性にできるイメージがありますが、現在では20代の女性の中にもほうれい線が気になる人がいるようです。そこで、ほうれい線ができる原因やできやすい人の特徴、ほうれい線を予防する方法などについて、皮膚科医の松島桃子先生に教えていただきました。

■ほうれい線って気になる?

02

まず、現在ほうれい線が気になっている女性はどれくらいいるのか、20代と30代の女性にアンケート調査してみました。「気になっている」と回答した人には、どんな瞬間に気になるのかについても教えてもらいました。

◇ほうれい線が気になる女性の割合

Q.いま、ほうれい線が気になりますか?

☆20代女性の回答(※1)

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9501

・気になる……45.3%
・気にならない……54.7%

 

☆30代女性の回答(※2)

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9502

・気になる……60.9%
・気にならない……39.1%

30代は、6割の女性がほうれい線が気になると回答しました。20代の女性も、30代よりは少ないものの、約半数近い女性がほうれい線を気にしているようです。

◇ほうれい線が気になる瞬間

それでは、具体的にどんな瞬間にほうれい線が気になるのでしょうか。「気になる」と回答した女性に教えてもらいました。(※3)

☆鏡を見たとき

・「鏡で自分の顔を見て、昔よりもほうれい線が目立つようになったと感じる」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「鏡をふと見てみたらくっきりほうれい線が出ていて、疲れを如実に感じたとき」(33歳/不動産/専門職)

やはり多かったのが「鏡を見た瞬間」です。毎日化粧をするときや洗顔をするときなど、女性が鏡を見る瞬間は多いですよね。一度ほうれい線を見つけてしまうと、ずっと気になってしまう女性も多いようです。

☆笑ったとき

・「笑ったときにすぐに出るとき……笑っていなくても少し出ている気がし始めたら、終わりです……」(31歳/情報・IT/技術職)

・「笑ったときにできるシワが、笑いジワではないと確信したとき」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

笑ったときにもシワはできますが、笑ったあともずっとシワが残っていると、ほうれい線かもしれないと思いますよね。ほうれい線が気になって笑えなくなってしまう女性もいるかもしれません。

☆ファンデーションが詰まるとき

・「夕方、ほうれい線にファンデーションが埋まっているとき」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「夕方ほうれい線にファンデーションが詰まっていたのを発見したとき」(37歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

夕方になってメイクが崩れてくると、顔の小ジワやほうれい線にくっきりとファンデーションが詰まっていることもあるもの。それを見たとき、年齢を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

☆写真を見たとき

・「自分が写った写真を見ていて、笑った顔のときにほうれい線が目立っていて老けている気がしたから」(22歳/金融・証券/事務系専門職)

・「写真に写っている自分の笑顔にほうれい線が見えたとき」(25歳/建設・土木/経営・コンサルタント系)

普段はあまり気にしていない人でも、写真を見たときにショックを受けることもあるようです。光の角度によっては、ほうれい線がハッキリと写りますよね。

次ページ:ほうれい線の原因とできやすい人の特徴

お役立ち情報[PR]