お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 ダイエット

【管理栄養士監修】ダイエット中でも太りにくい夜食と食べ方のポイント

園部裕美

01

ダイエット中や仕事が夜遅くまで続いたときは、夜中にお腹が空いてしまうこともありますよね。一般的に夜食を食べると太ると言われていますが、どうしてもお腹が空いてしまったときはどうすればいいのでしょうか。夜食に向いている食材や太りにくい食べ方について、管理栄養士の園部裕美さんに教えていただきました。

■夜食を食べると太りやすい理由

02

どうして夜食を食べると太りやすいのでしょうか。太りやすい理由や時間帯について、園部さんに教えていただきました。

園部:夜食を食べると太りやすい理由のひとつに、別名「肥満遺伝子」と呼ばれるBMAL1(ビーマルワン)というタンパク質の存在があります。BMAL1が作用すると、脂肪細胞の中に脂肪酸やコレステロールが溜まり、脂肪の分解を妨げます。

このBMAL1は時間帯によって増減を繰り返します。最も少ない時間帯が14時~15時くらいで(この時間がおやつタイムなのは理にかなっていますね)、そこから少しずつ増え始め、22時~3時頃までがピークとなります。その後、朝が近づくにつれて減少し、14時~15時に最も少なくなるという動きを繰り返しています。そのため、BMAL1が増加している時間帯(22時以降)に食事を摂ると、体脂肪がつきやすくなると言われているのです。また、血糖値がしっかり下がった状態で深い睡眠に入ると、体脂肪を分解するなどの働きがある「成長ホルモン」が十分に分泌されると言われています。この成長ホルモンも、分泌のピークは22時~3時頃になるため、寝る前の食事は太りやすいと言えるでしょう。

次ページ:夜食にする食材選びのポイント

お役立ち情報[PR]