お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

別れ話の上手な切り出し方とは? 連絡手段・場所・セリフ完全マニュアル

織田隼人(心理コーディネーター)

彼氏・彼女の反応別の対処法

彼氏や彼女に別れ話を切り出した時、彼氏がどんな反応をするのか分かりませんよね。

もしも相手が泣き出したり怒り出したりした場合、あなたもどう話を進めたらいいか困ってしまうことでしょう。そんな時の対処法について、織田隼人さんのアドバイスを聞きました。

彼氏・彼女が泣いた場合

まずは、別れ話に対して彼氏・彼女が泣いた場合についてです。

もし彼氏や彼女が泣き出しても、相手をフォローしないようにしましょう。

相手は別れたくないと感じているので、それは仕方のないことなのです。しかし、自分が別れると決めた以上、お互いに歩み寄ることはできません。

その時点ですでに彼や彼女を助ける人はあなたではなくなっているので、泣いた相手に何かできる、と考えるのはおごりです。恋人が泣いたとしても、冷静に別れの話を進めて、会話が終わったらさっと立ち去りましょう。

(織田隼人氏)

彼氏・彼女が怒った場合

続いては、相手が怒ってしまった場合についてです。

彼氏や彼女が怒った場合は、無言になりましょう。動じないという強い意志を見せることが大切です。

そこで弱気になると、丸め込まれる可能性が出てきます。また、無理に会話を進めようとするのも、怒っている相手には火に油を注ぐようなこと。黙って相手を見つめ、そして相手がしゃべり終わるのを待って立ち去りましょう。

(織田隼人氏)

彼氏に引きとめられた場合

最後に、相手にすがって引き止められた時の対処法です。

引きとめられた場合は、無視してそのまま帰るといいです。振り返ると、相手はそれをチャンスだと思ってさらに引きとめようとするはずです。もし手を握ってきたら、手を払いのけるくらいの勇気を持ちましょう。あなたは、それくらいの覚悟で別れ話を切り出したはずです。

言葉で引きとめてきた場合にも、反応を見せないようにしましょう。^コミュニケーションを成り立たせないようにすれば、相手もどこかで諦められるはずです。

(織田隼人氏)

別れ話は男性or女性、どっちから切り出すべき?

最後に、別れ話は男女どちらから切り出すべきか、です。相手か言われるのを待つべきか。男性or女性、どっちからした方がいいか……。そんなセオリーを気にする人もいるかもしれません。

結論、男性と女性どちらから別れ話を切り出してもいいです。

むしろ、別れたいと思っている方が勇気を出して伝えるのがマナーと言えるかもしれません。ああだこうだと理由を並べず、あなたの中に「別れたい」という気持ちが芽生えたなら、誠意を持って伝えてあげるべきなのです。

男性から切り出す場合

男性から別れ話を切り出す場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。

参考記事はこちら▼

彼女を傷つけない別れの伝え方とは? 恋愛事情専門家の神崎桃子さんが解説します。

女性から切り出す場合

反対に女性が切り出す場合は、こちらの記事を参考にしてみてください。

参考記事はこちら▼

彼氏に別れたいって言えない……! 悩んだ時はこちらの記事を参考にしてみてください。

心を鬼にすることも優しさの1つ

恋人と別れたいと思ったら、嫌でも直接会って話したり、電話で会話をすることがお互いのためになります。

事前に不満をぶつけてあえて不穏な空気を作っておけば、相手の中でも覚悟が生まれます。当日別れ話を切り出しやすくなるでしょう。

直接会って話す場合は、ファミレスやカフェなど人目につくところを選び、相手に何と言われても「別れる」という意志を貫き通すことが大切です。

彼や彼女が怒ったり泣いたりするかもしれませんが、心を鬼にしてきっぱりお別れすることで、きっとお互いに新しい未来が開けるでしょう。

(取材協力:織田隼人、文:マイナビウーマン編集部)

【相性占い】気になるあの人との今日の相性は?

あなたと気になるあの人の相性はどのくらい?

12星座を用いて、今日の恋愛相性を5段階評価で占います。

毎日相性占いはこちら

※画像はイメージです

※この記事は2017年04月22日に公開されたものです

織田隼人(心理コーディネーター) (心理コーディネーター)

心理コーディネーター。男女の心理のちがいを伝えることで、男女の行きちがいを少しでも減らすのが目標。著書に「やっぱり彼と復縁したい貴女へ」「彼女と復縁する59の方法」「愛でセックスを買う男・セックスで愛を買う女」などがある。

HP:http://oda999.tea-nifty.com/blog/
ツイッター:https://twitter.com/oda_hayato

この著者の記事一覧 

SHARE