お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 結婚

29歳独身女性の理想と現実~30代は怖くない~

こんにちは。恋愛コラムニストのさかもとみきです。「もう29歳だよ」「結婚は?」とまわりから余計なお世話なプレッシャーをかけられているアラサー独身女子のみなさま、いかがおすごしでしょうか。イライラを笑顔で隠し、ときに自虐的にのっかり、上手に立ち振る舞うことなんて余裕ですが、正直疲れますよね。

20代からキャリア、恋の経験値、そして大人の余裕を積み重ね、30代に向かって自分の価値は上がってきたはず。なのになぜ、29歳ってこんなにせかされ、焦るのだろう? それは、「まだ20代」という言葉で濁して過ごしてきた「なんとなくまだ大丈夫」な日々に終わりが近づいていることを自分も感じているからかもしれません。

ただ、29歳はヤバくも崖っぷちでもありません。自分の人生と今一度向き合い、理想を形にしていくためにとても大事な年齢というだけ。今回は、29歳からの仕事、結婚、自分の人生を今以上に楽しくするための秘訣をお伝えします。

29歳問題は本当か

恋も仕事もこれから! と、まだまだ先でいいと思っていたあれこれが30歳を目前に現実を帯びて迫ってきます。「あれ? あの子も結婚? 出産?」と仲よしグループLINEの中でも独身友だちの割合が徐々に減ってきたり。キャリアも積んで、仕事も楽しくなってきたり、逆に壁にぶつかったり。自由でいいはずの恋すら結婚という節目を大きく意識することになったり。それらと向き合うことを余儀なくされるタイミングがまさに29歳なのです。

「29歳問題」とは

では、29歳になると何が問題なのでしょうか。たとえば、「30歳までに結婚・出産」とぼんやり考えていたビジョンに猶予がなくなります。それ以外にも「こんなはずじゃなかった」出来事が次々と起こってくるのです。

近年話題になった『29+1』(邦題『29歳問題』)という映画作品を知っていますか?  30歳を迎えようとするバリキャリの主人公と夢追い女子、あらゆる点で真逆の2人の女性が、香港の街角でそれぞれの「29歳ならでは」な思いを抱えて生きる様子を映画にしたものです。2017年に香港や台湾で初上映され、SNSなどでも話題を呼び、香港で興行成績トップテンに7週連続ランクイン、20万人以上を動員する大ヒットとなりました。2018年には日本でも順次公開され、アラサーはもちろん幅広い年齢層に注目されている話題作です。

29歳で起こる仕事、恋人、将来の不安などの問題と直面するこの映画は、多くの女性から共感を得ると同時に、自分の人生を見直し、考えなおすことができる前向きな作品として話題になっています。映画が注目されたのも、同じような悩みを抱えるアラサーの女性が多くいることの証明になりました。

女性にとって29歳とは

若さと勢いのあった10代20代前半をすぎ、仕事や恋愛、結婚への焦りを「まだ20代」という響きでごまかしながらやり過ごしていた女性に訪れる29歳問題。誕生日を迎えれば30歳、30代に突入します。

なんとなく人生が思い通りにならないことがうすぼんやりと見えてきて、そのこととも向き合わなければならない現実、まわりからの結婚プレッシャー、出産のタイミングなども問題として浮き彫りになってきます。

30代で夢を追っていても、結婚しても、出産しても、何も問題がないはずなのに、なぜかまわりが大問題であるかのように騒ぎ立ててくるのです。自身でも「20代のうちに」「30になる前に」という、謎の年齢期限を知らず知らず課していることも。そのためか、気持ちが揺れ動く人の多い年齢と言えるでしょう。

次ページ:29歳独身女性に聞く! 恋愛の実態と結婚観

お役立ち情報[PR]