お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 デート・カップル

共依存恋愛の恐ろしさ~セルフチェック、陥りやすい人の特徴、克服方法~

織田隼人

af0060000604w

彼氏についつい依存してしまう。そんな自覚症状のある人も多いのでは。でも、その状態がもし「共依存」だとしたら、気をつけた方がいいのかも……。共依存恋愛とはどんなものなのか、心理コーディネーターの織田隼人先生に伺いました。陥りやすい人の特徴や、セルフチェックの方法、克服方法まで解説いただきます!

■共依存恋愛とは

af0060000648w

まずは、共依存恋愛とは何なのか、どんな点が恐ろしいのか。織田先生に解説していただきました。

共依存になっている人は、自分のことよりも他人の世話ばかりをする人、と言えます。他人の世話をすることで自分の価値を確認する、という行動をとるのです。

なぜこの事態が「共依存」という問題として扱われるのかというと、「他者に依存しすぎることで自分自身のコントロールができなくなっている」からです。自分から見た自分の評価が低いので、他人を通じて評価の低い自分の心を満たそうとします。しかし、他人に評価を預けてしまうので結果的に自分で自分の心が評価できなくなってしまうのです。

また、他人、特に恋愛対象の相手をひたすら世話焼くことで相手をダメにしてしまう、自分がいなければダメだと相手に思わせ、そして自分でもそう信じることで自分の価値を認識するということがよくあります。たとえば、ギャンブル依存、アルコール中毒の彼を支えている女性。DVを受けているけれど献身的に尽くす女性。こういった「ダメな男」を甘やかすこと、支えることで自分の価値を認識しようとしたりするのです。

しかし、他人に評価を預けてしまっているので、いつまで経っても心が満たされることがなく、さらに相手にも依存させるためにどんどん尽くしてお互いがダメになっていく、というのが共依存の状態です。(織田先生)

お役立ち情報[PR]