お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「友達の紹介」での恋愛成就率~友達の紹介で気をつけるべきこと~

フォルサ

01

恋人がほしいなと思ったとき、友達に男性を紹介してもらうことってありますよね。自分のことをよく知る友人に紹介してもらうことは、事前に相性を考えてくれることもあってメリットが多そうですが、実際のところはどうなのでしょうか。友達の紹介で恋愛するメリットやデメリット、万一うまくいかなかったときの対応などについて調査しました。

(1)友達の紹介のメリット&デメリット

02

友達に男性を紹介してもらうことには、どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。友達の紹介での恋愛成就率や、紹介してもらうときに伝えておくべき情報について、女性のみなさんに聞いてみました。

Q.友達に男性を紹介してもらうメリットは?

①安心感

・「友達からの紹介なら安心できるところ」(32歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

普通に出会うよりも、友達の紹介の方が安心感は高くなるでしょう。

②気が合いやすい

・「『類は友を呼ぶ』ので自分と気が合う人とつながりやすい」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

自分のことを理解してくれている人からの紹介なら、気が合う可能性も高いです。

③出会いの機会

・「出会いのきっかけと思います。恋人候補でなくても、友人や飲み仲間になれたりするので」(29歳/医療・福祉/事務系専門職)

付き合えなくても、知り合いや友達が増えることはいいことですよね。

④事前情報が得られる

・「友達の紹介だと、事前にどんな人かわかるので安心できる」(31歳/その他/その他)

会う前にどんな人かを少しでも知れるのは安心ですね。では、友達に紹介してもらうデメリットは何なのでしょうか。

Q.友達に男性を紹介してもらうデメリットは?

①好みと違ったとき気まずい

・「自分の好みと違った時の気まずさ」(25歳/小売店/秘書・アシスタント職)

仲のいい友達の紹介ほど、会わなかったときに気まずいと感じてしまいます。

②うまく行かなかったときの罪悪感

・「紹介してもらっても関係が続かない時は罪悪感がある」(33歳/金融・証券/営業職)

お付き合いが続かなくなったときの対処法は少し悩みますね。

③進展状況がバレる

・「仲よくなったら、何があったか全部話されてしまいそう」(33歳/その他/販売職・サービス系)

いくら仲がいい友達だからとは言え、すべてが筒抜けになるのは困ります。

④トラブル

・「トラブルかあったときに友人関係にも影響があること」(30歳/その他/その他)

なるべく友達を巻き込みたくはないですが、知られてしまう場合もあります。では、恋愛成就率についてはどうなのでしょうか。

Q.友達の紹介での恋愛成就率は高いと思う?

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%9501

・高い…64.82%
・低い…35.18%

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答件数306件(22歳~34歳女性)

約6割の人が、恋愛成就率が高いと回答しました。普通に知り合う場合よりは高そうですよね。それぞれの理由を聞いてみましょう。

<高い>

・「自分のことを知った上で紹介してくれてるから」(29歳/情報・IT/事務系専門職

やはりこれが一番の理由ですね。お互いの相性を見極めたうえでの紹介なので、成功率も上がりそうです。

<低い>

・「恋人関係になっても別れることになったら、紹介してもらった友人とも気まずくなりそう」(34歳/その他/その他)

別れたときに気まずい思いをすることを考えると、尻込みしてしまう女性も多そうです。それでは、恋愛成就率を上げるため、事前に伝えておくべき情報はあるのでしょうか。

Q.友達を紹介してもらうとき、事前に伝えておくべき情報は?

①好みのタイプ

・「自分の好みのタイプや、向こうのタイプを教えてもらう」(26歳/医療・福祉/専門職)

好きなタイプを伝えておくのは基本ですよね。一番大切なところです。

②短所と長所

・「長所だけでなく短所も伝えておくことで、ギャップを少なくする」(25歳/ソフトウェア/事務系専門職)

自分の長所だけではなく短所も伝えておけば、安心して話せそうです。

③合わないタイプ

・「こういう人とは合わないってことをきちんと伝えておく」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

どんなにいい人でも、合わない人は絶対にいますよね。

④結婚願望について

・「結婚願望があるか、ないか。性格はどんな感じか」(33歳/医療・福祉/その他)

お互いの気持ちが最初からズレていたのでは、出会った意味がなくなってしまいます。

お役立ち情報[PR]