お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【専門家が解説】付き合って3年で心がけるコト~倦怠期、記念日、プロポーズ~

織田隼人(心理コーディネーター)

ファナティック

付き合って3年目カップルの注意点

af0100003429l

倦怠期があったり、別れやすかったり、結婚を意識しがちな付き合って3年目カップル。付き合う上での注意点とはどんなものなのでしょう。起こりやすいトラブルなどはあるのでしょうか? 男女心理に詳しい織田先生に解説いただきました。

Q.付き合って3年目にカップルに起こりがちなトラブルや注意点はどんなものがありますか? 男女の心理を交えて教えてください。

3年くらいになると恋心が落ち着いてきて、親族に接するかのようにお互いに遠慮がなくなってきます。また、『わかってもらえて当然』と考えてしまう部分を上手く相手が対応できないときになぜか『イラッ』っとしてしまいます。(付き合った当初はそんなことはくだらないことだったはずなのに)。そうして3年目くらいになるとケンカや相手に対するちょっとした不信感、いらだちを覚えやすくなります。

ここで大事なのはひとつひとつ話し合うことではなく、『やってもらいたいこと』を伝えること、相手に期待しすぎないことの2つです。自分の思い通りにやってもらえないことに不満がたまりやすいのが3年目くらいなのですが、そもそも『やってもらいたいことを伝えていない』ことがほとんどなので『よかったら○○して欲しい』と要望を伝えるようにしましょう。

また相手に不満を感じるときには『相手に期待しすぎているのではないか』と自分自身に問いかけてみてください。相手に期待しすぎていると感じた場合には期待を下げていきましょう。『相手は神様じゃないし、親でもないし、育った環境も違うのだからできなくて当然』というように『できなくて当然』と思っていけば徐々に相手に対する怒りやイライラも落ち着いてきます。

3年目は二人の関係の接着剤が恋から親愛に変わる時期ですので、しっかりと親愛を作っていきましょう(織田隼人先生)。

次ページ:まとめ

SHARE