お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

食事デートのお会計で、男性が好ましく思う女性の態度・5つ

ファナティック

恋人と楽しいお食事タイムを過ごしたあとは、どちらが会計をするか、微妙な空気になることもあるもの。男性におごってもらうのが当たり前の態度をしていると、相手をガッカリさせてしまうこともありそうですね。男性が素晴らしいと思った、デートでの会計時の女性の態度を調べてみました。

ワインを楽しむ男女

財布を出す

・「最初から財布を用意していて払う気を見せている」(36歳/小売店/営業職)

・「一応、財布を出す。ほとんどの女性は会計中にスマホを見てる」(36歳/機械・精密機器/技術職)

お会計のときに財布を用意していると、ちゃんと支払うつもりがあると相手に伝えられますよね。彼がおごってくれるのはわかっていても、気持ちを見せることで好感を持ってもらえそうですね。

お礼を言える

・「おごったときに当たり前の態度ではなく、ちゃんと感謝の言葉を言ってくれること。それだけで、また食事に連れて行きたくなる」(34歳/情報・IT/営業職)

・「お金を払うそぶりをしてくれて、おごったときにちゃんとお礼を言ってくれる」(30歳/機械・精密機器/技術職)

おごってもらったというのに、お礼もしないと、相手も二度とおごりたくないと思うのでは。「ごちそうさま」や「ありがとう」のひと言は、忘れないようにしたいですね。

割り勘にしようとする

・「おごってもらうとは思っていなくて割り勘対応する」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「割り勘にしようと言ってくれたときは、すごくうれしかった」(38歳/その他/その他)

きちんと割り勘にしようとすると、相手も気持ちよく支払うことができるのでは。本当は割り勘にしてほしいと思っていても、それを口に出せない男性もいますものね。

端数を出してくれる

・「こちらが全額出そうとしたとき、申し訳なさそうにお礼を言ってくれて、さりげなく小銭の足りない分を置いてくれた」(25歳/機械・精密機器/技術職)

・「会計の端数を何も言わずに出してくれた」(29歳/運輸・倉庫/営業職)

もともと女性に出してもらう気持ちがなくても、少しでも払おうとする態度がうれしいもの。端数を出すことで、全部おごってもらうのは申し訳ないと思っているのが伝わりますよね。

男性を立ててくれる

・「あとで割り勘にしているが、会計時にはまとめて払うことでいい格好をさせてくれる」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「会計時は自分を立てて全額支払わせてもらい、その後、半額分お金を渡してくれた」(24歳/建設・土木/技術職)

割り勘にする予定であっても、お店の中では自分を立ててほしいと思う男性もいるもの。お店の外で待っていて、そっと渡すと、彼も面子を保てるのでは。

まとめ

女性と食事に行ったときに、もともと払ってもらうつもりはないという男性も多いもの。それでも相手の気遣いが見えたとき、うれしく感じるものではないでしょうか。出してもらって当然のような態度をしていると、もう一度誘ってもらうことはないかもしれません。払おうとする気持ちと感謝は、しっかり見せたほうがよさそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2017年1月12日 〜1月13日
調査人数:124人(22歳〜39歳の働く男性)

※この記事は2017年01月29日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE