お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男友だちを「男」として意識する瞬間5つ

ファナティック

af9940092512w-2-400x266

ずっと友だちと思っていた相手から、いきなり告白をされてしまうと、どうやって返事をすればいいかわからないものですよね。相手の気持ちを知ってしまうと、どうしても気になってしまうこともあるのではないでしょうか。男性の友人を恋愛対象として意識する瞬間について、女性に考えてもらいました。

(1)好意を感じたとき

・「好きだよオーラを出されたとき。そういう雰囲気になったとき」(26歳女性/商社・卸/事務系専門職)

・「向こうがこちらのことを意識していると気づいたとき」(31歳女性/金融・証券/営業職)

相手が自分のことを好きだとわかったとき、恋愛対象として意識し始める人も多いのではないでしょうか。好意を向けられることはうれしいですよね。

(2)優しくされたとき

・「急に優しくされたり、疲れているときに優しい」(27歳女性/機械・精密機器/技術職)

・「自分にだけ優しくされたときはキュンとする」(29歳女性/その他/事務系専門職)

とにかく優しさに弱い女性。男友といえ不意に優しくされると、キュンとしてしまうこともあります。

(3)悩んでいるとき

・「恋愛がうまくいかないときに相談にのってくれて、なぐさめてくれたとき」(33歳女性/その他/その他)

・「悩んでいるときに、元気付けるために夜景やご飯とか連れてってくれたとき」(26歳女性/その他/その他)

真剣に悩んでいるときに、自分のことを励まそうとしてくれる男性には、キュンときてしまうものですよね。親身になってくれると、好意を持つものです。

(4)頼りになるとき

・「頼りがいが合っていつもとちがうところを見たとき」(34歳女性/その他/その他)

・「頼りになる瞬間があるとヤバイ」(29歳女性/情報・IT/技術職)

普段、性を意識していない相手が頼もしいと「男」を感じてしまうもの。意外な一面に恋に落ちてしまう女子も多数!?

(5)真剣な一面を見たとき

・「普段見ない一面を見たとき。何かに真剣になっていたりとか」(27歳女性/学校・教育関連/事務系専門職)

・「普段ふざけてばかりいるのに、ふと仕事の話になると真面目なトーンになったときはドキッとなる」(30歳女性/商社・卸/事務系専門職)

いつも一緒にふざけてばかりの男友だちの真剣な一面を見るとドキドキしてしまいそう。意外な一面を見ると、惹かれてしまうこともありますよね。

まとめ

恋愛対象とは思っていなかった男友だちだからこそ、意識してしまった後に、対応に困ってしまうこともあるのではないでしょうか。一瞬の気の迷いなのか、それとも本気になってしまったのか、自分の気持ちをまずは見極めたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月28日~2017年1月4日
調査人数:195人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2017年01月28日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE