お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ほしいな……。「奪いたい」と思った女友だちの彼の特徴6つ

ファナティック

友だち同士での彼自慢やノロケ話というのは、女子会の話題としても一般的。でも、友だちから彼の話を聞けば聞くほど「うらやましい」と思ってしまうことはありませんか? 今回は、奪いたいと思ってしまうほどうらやましい「友だちの彼」の特徴について女性たちに聞いてみましょう。
af9940109168m-6

お金に余裕がある

・「高学歴高収入。お金を持ってる人がいいから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「大企業に勤めている。稼ぎがよく、高価なものをプレゼントしてくれそうだから」(30歳/その他/販売職・サービス系)

デートの行き先は高級レストラン、高価なプレゼントをしてくれる。女友だちの彼が高収入で、彼女に惜しみなくお金を使うタイプだとうらやましくなりそう。愛情はお金で測れないとはいえ、お金持ちというだけで魅力を感じる女性も少なくないようです。

彼女に対してやさしい

・「誠実でやさしくて彼女のことを大切にしている人」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「彼女に対してやさしく、趣味などに理解がある大人な彼」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

彼女のことを一途に思っていて、やさしくしてくれる。こういう男性と付き合えたら幸せだろうなと思う彼を奪いたいと思うことも。大切にしてもらっている女友だちに嫉妬してしまう人もいそうですね。

相手に好意を示された

・「話がとても合って向こうから誘うようなことをしてきたとき」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「私にいつもやさしくしてくれる」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

もしかしたら、自分に気があるのかもと思わせるような態度を取られたときにこのまま奪ってしまおうかと思う女性も。本当にその気があるのかどうかは別として、好意を示されると妙に意識してしまいそうですね。

なかなか出会えないハイスペックな男性

・「頭がいい。頭のいい人はなかなかいないから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「信じられないぐらいハイスペックな男性。そんな人と滅多に出会わないから」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

完璧といってもいいほどハイスペックな男性だと無条件で引き寄せられる人も多そう。イケメンで頭もよくて性格もいい。こういう男性に出会う機会は滅多になさそうなので、友だちの彼といえども諦めるのはもったいない気がしそうですね。

仕事ができる

・「仕事ができて身なりにも気を使い、部下にも指導ができる」(29歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「商社に勤めているエリートな人」(324/自動車関連/販売職・サービス系)

バリバリと仕事をこなしていて、会社でも認められる存在。男性としての頼りがいも感じられるし、もし結婚したとしても将来的に出世が見込める仕事のできる男性は、友だちの彼であっても異性としての魅力を感じてしまうようです。

モデル並みのイケメン

・「友だちの彼が長身でモデルのようにカッコよかったとき。うらやましいと思った」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「かなりのイケメンでモデル並みのスマートな彼で見た目もいいし、奪えたらいいなと思ってしまった彼がいた」(23歳/食品・飲料/事務系専門職)

歩いているだけでみんなが振り返るようなイケメンが、友だちの彼ではなく自分の彼だったらと想像してしまう人も。誰から見てもイケメンというのは、確かにうらやましい彼ですよね。

まとめ

実際に友だちの彼を奪うというのは、友だちとの関係も壊してしまうし、周囲の人からの信頼も失くしそうなので簡単にできることではありませんが、それでも奪いたいと思うのはそれだけ彼が魅力的な証拠。そういう男性と付き合える女友だちが少し妬ましい気持ちもあるのでしょうね。自分に彼がいないときなら、なおさら嫉妬を感じてしまいそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月12日~2017年1月4日
調査人数:103人(22~34歳の社会人女性)

※この記事は2017年01月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE