お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 出会い

「料理男子」はモテる? 結婚相手としてはアリ?

巷で急増している「料理男子」。ひとり暮らしで料理を極める男性は多く、また女性だけではなく男性をターゲットにした料理本や料理番組も増えていますよね。今や「料理は女の仕事」なんて古い価値観なのかもしれません。やはり結婚相手にも「料理男子」を選んだほうがいいのでしょうか?

料理男子とは

料理男子とは、主に3パターンに分かれます。

趣味として料理にハマり、クオリティを追求していく「速水もこみち」タイプ

料理は極めるとおもしろいものです。調理器具から食材までこだわり、中には半日くらい野菜を煮込んでブイヨンを作る……など、もともと凝り性の男性ほど、どんどんのめり込んでいきます。料理番組『MOCO’Sキッチン』に出演する速水もこみちさんのように、料理のクオリティを追及していくのがこのタイプです。

健康や節約のために、料理の手際がよくなっていく「主婦寄り男子」タイプ

不況の時代を賢く生き抜くタイプがこちら。コンビニ弁当やファストフードでお手軽に済ますのもいいけど、どうも不健康っぽい。そして、外食に頼るとなんだかんだ高くつく。健康や節約目的で自炊しているうちに、主婦ばりの手際のよさを発揮する男性もいます。

料理に興味もやるけど、今はまだ料理はできない「料理男子予備軍」タイプ

「料理に興味はあるけど、何から手をつければいいかわからないから、やらない」という将来の料理男子予備軍です。専業主婦のお母さんのもと、長年実家暮らしをしてきた男性も多く、キッチンはお母さんの城であり、料理をする機会がなかったというケースも。少なくともやる気はあるので、将来夫婦で暮らすようになれば、素敵な料理男子に変貌を遂げる可能性を秘めているのがこのタイプです。

次ページ:結婚するなら「料理男子」がオススメ?

お役立ち情報[PR]