お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 出会い

合コン後のLINEで男を落とすテクニック~脈あり&脈なしLINEの見分け方~

ファナティック

01

合コンで好きな男性ができたら、LINEで仲よくなって、なんとか初デートにこぎつけたいですよね。男性は、合コン後に女性からどんなLINEが来たらうれしいと思うのでしょうか。また、脈あり女性に対しては、どんなLNIEを送るのでしょうか。合コン後のLINEテクニックについて、心理コーディネーターの織田隼人さんに教えていただきました。

■合コン後のLINEテクニック

02

合コンが終わったら、好きな男性に対して、どんなタイミングで、どんな内容のLINEを送ればいいのか、織田さんに聞いてみました。また、男性が女性からもらって「テンションが上がった」合コン後のLINEについて、アンケート調査を行いました。

◇好きな男性にLINEを送るタイミング

織田:合コンが終わって、家に帰る途中ですぐに送るのがベストです。なぜなら、印象が一番強く残っているのが合コン直後だからです。また、合コン後に男性だけで反省会をしている可能性もあるので、その前にLINEを送って「○○ちゃんからLINE来た!」と反省会で言ってもらえるようにすれば、まわりから応援してもらえる可能性もあります。

◇好きな男性に送るLINEの内容

織田:合コン後は、男性全員にお礼を伝えることが大切です。その中で本命の男性には「楽しかったです。また会いたいって思いました」というように、「会いたい」という感想を送るとよいでしょう。合コンでの印象は意外とすぐに薄れてしまうので、次のデートに早めにこぎ着けるように進めてください。

◇LINEで好印象を与えるポイント

織田:どんなところに惹かれたのかを、恥ずかしがらずに伝えるとよいです。それが好印象につながります。自分のアピールをするよりも、相手のどこが気になったのかを伝えましょう。例えば「あのとき私に話題を振ってくれてありがとう。優しいですね」とか、「スポーツやってるっていいですよね。今度私にも教えてください」というように、相手のいいところをどんどん褒めると、男性は「俺を理解しようとしてくれている」と感じて、女性に好印象を抱くようになります。

◇好きな男性に送ってはいけないLINE

織田:相手から聞かれていないことを自慢するのはよくありません。例えば、食べ物の話になったときに、「料理が好きなので、今度作っていきますね」と話題に乗っかる形で自己PRをするのはいいですが、聞かれてもいないのに「わたし○○が得意なんです!」と過剰にアピールすると、男性に引かれてしまう可能性があります。

また、他人の悪口もやめておきましょう。「一緒に参加した○○さんは実はね……」というような会話で、誰かの評価を下げようとすると、あなた自身の評価も下がってしまいます。

◇男性のテンションが上がる合コン後のLINE

それでは、具体的にどんな内容のLINEが女性から来たらうれしいと感じるのか、男性のみなさんに聞いてみました。(※)

☆「今度は2人で」などの誘い

・「『よかったら今度2人で出掛けませんか?』というお誘い」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「『今度2人で遊ぼう』など、次につながるような内容」(29歳/自動車関連/技術職)

一番多かったのが、「次は2人で会いましょう」という誘いのLINE。自分に好意があることがわかり、今後2人の関係の進展にも期待が持てますよね。

☆「楽しかった」などの感想

・「『今日は楽しかった』と連絡をくれること」(34歳/情報・IT/技術職)

・「具体的に面白かった、楽しかったことを伝えられるとうれしいです」(27歳/情報・IT/クリエイティブ職)

合コンを盛り上げようと、頑張る男性も多いですよね。女性から「楽しかった」と一言感想をもらえたら、ホッとするのではないでしょうか。

☆「もっと話したかった」などの好意

・「あの場ではタイミングがなかったけど、あなたともっと話したかったなぁとか言われたらうれしい」(38歳/情報・IT/営業職)

合コンでは、席の配置によって話せる相手が限られてしまうこともありますよね。「本当はもっと話したかった」と伝えられると、自分に興味を持ってくれているのだと感じて、うれしく思うようです。

☆「大丈夫だった?」などの気遣い

・「『今日は飲みすぎていたようだけど、あのあと大丈夫だった?』」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

合コンではテンションが上がって、ついついお酒を飲みすぎてしまうことも。そのあとに体を気遣うようなLINEが届くと、その優しさにキュンとしてしまいますね。

次ページ:男性を初デートに誘うタイミング

お役立ち情報[PR]