お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

余計なお世話だよっ! 本当にあった、男性社員のセクハラ発言・5つ

ファナティック

たとえば体型のことや恋人の有無など、職場の男性に言われたら嫌なことがありますよね。ときには「それセクハラだから!」と思うことも。ではどんな発言にそう思ったことがあるのか、働く女性のみなさんに詳しいエピソードを聞いてみましょう。

男性社員を嫌がる女性社員

■「結婚しないの?」はやめてほしい!

・「『結婚しないの』『結婚できない』発言。ほっといてほしい」(33歳/不動産/専門職)

・「早く結婚相手を見つけないとね、みたいな発言。いるけれど、話していないだけだから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

とても多かったのが「結婚」に関する発言でした。「結婚しないの?」という言葉は、独身女性にとっては言葉の暴力になることも。たとえ相手がいても、まわりの人にペラペラと話したりはしないですよね。

■「子どもは何人?」って関係ないでしょ!

・「結婚したと言ったら『子どもの予定はあるのか』と聞かれたこと」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「私が結婚したら『子どもは何人考えてるの?』ってみんなの前で聞かれた」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

結婚したら今度は「子どもは何人?」というセクハラ発言があるようです。子どもを作るかどうかは完全にプライベートの話。デリケートな問題でもあるので、軽々しく言わないでほしいですよね。

■大きくても小さくてもセクハラだから!

・「胸が大きいからエプロンが似合わないと言われた」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「『胸が小さいなぁ、まな板じゃん』と言われたことがあります」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

「胸の大きさ」についての発言も、立派なセクハラです。胸が大きい人も小さい人も、男性からサイズについて言われたらいい気持ちはしないもの。「ほっといてよ!」と思いますよね。

■体型のことを言うのはありえない!

・「『君は体は細いけど、太ももはけっこう太いね』と言ったとき」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『太ってるよね』って笑ったあとに、『その肉、全部胸に行けばいいのにね』って言われた」(28歳/金融・証券/営業職)

「太ももはけっこう太いね」や「太ってるよね」など、体型に関する発言も多く見られました。自分のコンプレックスを男性に指摘されるのはショックですよね。「余計なお世話!」と言いたくなります。

■すぐに「生理?」とか聞かないで!

・「イライラしている人に、『生理?』と聞く」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「具合が悪そうな女性に、今日生理なのとか普通に聞いてくる上司には引きました」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

男性としては気を遣っているつもりなのかもしれませんが、すぐに「生理なの?」と言われるのも嫌なものです。男性から生理かどうかを聞かれても、どう答えていいか正直分からないですよね。

■まとめ

「それセクハラだから!」と思った職場の男性の発言として、結婚のことや子どものこと、体型のことなどが挙げられました。男性としては軽い気持ちで言っているのかもしれませんが、言われた女性としてはどれも触れてほしくないことばかりです。自分が同じようなことを言われたらどう思うか、セクハラ発言をする男性のみなさんには一度考えてほしいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月6日~12月11日
調査人数:100人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]