お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

「彼氏向きの男性」と「旦那向きの男性」の決定的なちがい・5つ

ファナティック

この人、付き合う分にはとてもいい人なんだけど、結婚となるとちょっと……。あなたは、こんな気持ちになった経験はありませんか? 「彼氏向きの男性」と「旦那向きの男性」は、似ているようで、実はちがうところも多いのかもしれませんね。そこで今回、「彼氏向きの男性」と「旦那向きの男性」のちがいについて、女性たちの意見を聞いてみました。

メガネの男性

■刺激か安定か

・「落ち着きがあるかどうか。彼氏は刺激的なほうがいいけど、(旦那は)安心できないと嫌」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ただ楽しさだけくれる人は彼氏。旦那は安定や安心感が大事」(24歳/建設・土木/技術職)

お付き合いをする上で、ドキドキするような刺激を与えてくれるのが彼氏で、心をホンワカさせる安心感をくれるのが旦那なのかもしれませんね。最初はドキドキしていた彼氏が、いずれ安心感を与えてくれる存在へと変わったら、結婚に至るタイミングだと言えそうです。

■家事力があるかどうか

・「子どもが好きで、家事が得意で、おだやかな人は旦那向き」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「料理ができるかどうかが大事になってくる」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

これから先は、女性も家計を支える時代です。「共働き」を前提とするなら、当然「家事分担」は必須。お付き合いをしていく中で、少しずつ教えていくのもひとつの方法です。

■経済的に安定しているかどうか

・「彼氏は生活力がなくてもいいかもしれないけど、旦那には……」(27歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「経済的なゆとり。お金がないと結婚生活が成り立たない」(29歳/商社・卸/販売職・サービス系)

お金がなくても、恋愛であれば、きっと盛り上がれるはずです。しかし、いざ「結婚」となると……、愛だけでは生活できないと考える人も少なくなさそうです。

■金銭感覚が身についているか

・「彼氏向きはお金の羽振りがよいこと。旦那向きは無駄使いをしない人」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「金銭感覚の一致だと思います。お金は大事です」(29歳/学校・教育関連/技術職)

お付き合いをしているときには、「尽くされたい」のが女性たちのホンネ。しかし、結婚して2人の財布がひとつになれば、お金の使い方に意識が向いてしまいそう。浪費家と結婚してお金で苦労するのは嫌、と考えるのでしょう。

■モテるかどうか

・「モテるかモテないかのちがいだと思う。彼氏はモテるほうがまわりの女子に自慢できてうれしいが、旦那はモテたら浮気が心配だから困る。実際、結婚した友だちはみんな見た目が普通のモテない男子を旦那にした」(30歳/その他/販売職・サービス系)

・「奥さん一途でいられるか、そうでないか。結婚となると、よそ見は絶対にできないので。彼氏だと浮気で別れれば済むが、旦那だとすぐ別れるわけにはいかないので」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

結婚してすぐに、相手の浮気で生活が破たん……! なんてことになるのは、正直勘弁してほしいもの。彼氏には「女慣れしているタイプ」を選んでも、旦那には「地味な堅実タイプ」を選ぶ女性も少なくないようです。

■まとめ

「彼氏向きの男性」と「旦那向きの男性」について、あなた自身はどう思いますか? 自分にとって、それぞれで譲れない条件はどんなものなのかを考えてみることで、理想の結婚相手がより明確にイメージできるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月2日~12月9日
調査人数:100人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]