お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 妊娠・出産

【ホル活】第10回:「男性ホルモン」が女性のカラダに及ぼす影響

松村圭子

いつか産みたいと思ったときに産めるカラダでいるには、今からホルモンバランスをしっかり整えていくことが大切。そこで、産婦人科医で成城松村クリニック院長の松村圭子先生が、ホルモンバランスを意識したライフスタイルを築く活動「ホル活」の正しい知識とコツを伝授してくれます。忙しい働く女性でも実践できる、全10回のホル活レッスンをはじめましょう! ※第2・第4木曜日更新中!

今週のホル活レッスン<男性ホルモン編>

◆ストレス軽減で男性ホルモンの影響を抑える

私たち女性にとって、男性ホルモンの影響を抑えるためにはストレスをため込まない生活が最も重要です。ストレスは悪いことばかりでたまるわけではありません。昇進や引っ越し、恋愛、結婚、出産など、たとえ嬉しいことでも身辺の環境の変化が起こった時はストレスが溜まりやすくなります。普段と異なるリズムは、思った以上に負担がかるものです。スケジュールに余裕をもたせ、詰め込んでいろんなことを一気に片づけることのないよう心がけてください。「変化=ストレス」と気づくことで、最小限に抑える工夫ができるようになるはずです。

また、幸福感や緊張感、達成感など、さまざまな感情は脳内で分泌される神経伝達物質のおかげです。意欲を持って取り組んだり、作業に没頭するときに出るのが「ドーパミン」、うっとりしたり恍惚としたり、幸福感を感じるときに出るのが「セロトニン」、緊張感を伴う興奮状態のときや果敢に物事に挑戦するときに出るのが「ノルアドレナリン」。この3つがバランスよく脳内で分泌されていれば、女性ホルモンの分泌も良好になるといわれています。

ストレスは完全になくすことはできませんし、ある程度は必要なスパイスです。自分なりに意欲を持って努力する姿勢も、ホルモンバランスを整えるうえでは有効なこと。うまく発散して前向きに切り替え、ココロとカラダの健康を保っていきましょう。ストレスに関しては、連載『第4回:ガムを噛むだけ!? ホルモンバランスを整える「ストレス対策」5カ条』も参考にしてくださいね。

まとめ

第10回にわたるホル活連載、いかがでしたか? ホルモンバランスを整えるうえで、ストレスは大敵。そして睡眠、食事、運動などすべてにおいて、ストイックすぎないバランスとリズムが大切のようです。将来の妊娠力を守るカラダづくりのためにも、今からしっかり意識して自分に合ったものを実践していきましょう!

(取材協力:松村圭子、文:水野久美)

※画像はイメージです

※この記事は 総合医学情報誌「MMJ(The Mainichi Medical Journal)」編集部による内容チェックに基づき、マイナビウーマン編集部が加筆・修正などのうえ、掲載しました(2018.07.26)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください