お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

寂しくなんかねぇ! クリぼっちが「やりがちなこと」6つ

ファナティック

「クリぼっち」という言葉もだいぶ浸透している昨今、自分こそまさに「クリぼっちだ!」という人にとっては、とてもつらい時期がやってきますね。さて、世のクリぼっちはどのようにクリスマスを過ごしているのでしょう。男性が考えるクリぼっちの過ごし方を見てみましょう。

■変わらず一人を満喫する

・「いつもと変わらない日常。ゲームする。TV視聴。インターネットを楽しむ」(36歳/その他/その他)

・「家でネットする。特にニコニコの生放送とか、一人の人が集まりそうなところをのぞく」(38歳/その他/事務系専門職)

暦の上でクリスマスというだけで、自分にとってはいつもと変わらない日常だと言い聞かせ、いつも通りの生活を送るという意見です。ですが頭のどこかで「今日はクリスマス」ということを忘れられないのが悲しいところですね。

■夕食はクリスマス仕様

・「家庭があるところと同様に、ケンタッキーなどでフライドチキンを買うこと」(38歳/金融・証券/事務系専門職)

・「まさに俺。毎年クリスマスは、チキン1つとカットされたショートケーキ1切を小声で『クリスマスおめでとう』と言って、寂しくキリスト生誕をお祝いする」(35歳/その他/その他)

どんなに一人であろうとも、クリスマスをお祝いしたい! そんな気持ちから、クリスマスならではの食べ物を買い込み、一人でクリスマスディナーを満喫する人も。一人でもおいしいお酒は飲めるのです。

■DVDを延々と観続ける

・「DVDを大量にレンタルして観る。僕もよくやっている」(23歳/建設・土木/技術職)

・「TSUTAYAでコナンのDVDを借りて一人で見る」(33歳/商社・卸/営業職)

一人だからこそできることを実践している人もいるようです。彼女がいれば会話をしなければなりませんが、一人なら自分の好きなDVDも思う存分鑑賞できるでしょう。

■クリぼっちの会合に参加する

・「気を紛らわすために、知り合いをやたらと飲み会に誘う」(26歳/その他/その他)

・「男性同士で集まって、クリスマスパーティー」(39歳/警備・メンテナンス/その他)

クリぼっちにはクリぼっちの世界があります。彼女がいるとやたら制限されがちな友人との飲み会。男同士で盛り上がれるのは彼らの特権かもしれません。

■クリぼっちの最強番組

・「明石家サンタに電話する人が多い気がします」(39歳/その他/その他)

・「明石家サンタに応募だと思う。前見たらそういう人が多かった」(35歳/機械・精密機器/事務系専門職)

クリぼっちにとって欠かすことのできない番組「明石家サンタ」。携帯さえあればしっかりとクリスマスの夜を楽しめます。運が良ければ当選して、誰よりハッピーなクリスマスになるかもしれません。

■会社で聖なる夜を過ごす

・「何もせず、ひたすら働く。これしかない」(27歳/建設・土木/営業職)

・「仕事もないのに会社にい続ける」(32歳/情報・IT/技術職)

忙しい時間はあっという間に過ぎていきます。普段は気分が乗らなくても、一刻も早くこの時間が過ぎてほしいと思うのなら、進んで残業してみるのもいいかもしれません。

■まとめ

昨今は、恋人といるよりも一人の方が気楽で好きという人も増えていると言われています。クリぼっちだからといって悲観せず、それぞれのクリスマスを過ごしてほしいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数195件(22歳~39歳の働く男性)

 

お役立ち情報[PR]