お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

こっち来ないでっ!! 性格の悪そうな男性の言動・6選

ファナティック

性格のいい男性とお付き合いしたら、きっと大きなストレスを感じることなく、幸せな交際を続けられるけど、性格の悪い男性を付き合ってしまったらそうはいきません。よほどその男性が交際を機に自分を変えない限り、女性はイヤな思いをしてしまうことになるはず。そこで、どういう部分に性格の悪さがにじみ出るのか、社会人女性たちにお話を聞いてみましょう。

■人にぶつかって……

・「人にぶつかられたときに舌打ちとか」(25歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「人とぶつかりそうになったとき、舌打ちする姿を見たとき。お互いさまなのに、ひどいなと思った」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

混雑した街中や駅の構内で、人にぶつかってしまったら「すみません」「ごめんなさい!」と言うのが普通の人のマナーでしょう。しかし、性格が悪いと、その当たり前のマナーが身についておらず、舌打ちなんて下品なまねをしてしまうことも……。

■人が困っていても

・「困ったことが起きたときに、自分だけ安全地帯にいる男性」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「部下が困っているときにニヤニヤ笑っていた。人が不幸だと楽しそうで性格悪いなと思った」(29歳/ソフトウェア/技術職)

人が困っている姿を見かけたら「どうかしましたか?」と声を掛けてあげたくなるもの。性格が悪いからこそ、遠巻きに眺めるだけにとどめるのかもしれませんね。

■人によって態度がちがう

・「人により話をコロコロ変える。やっていることと、言っていることがちがう」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「上司や先輩本人がいるところでは言わないが、裏では彼らの悪口を言っているのを頻繁に目撃したとき」(34歳/金融・証券/営業職)

目の前にいる人によって、まるで別人のように態度が変わる男性もいますよね。例えば、かわいい女性にはデレデレなのに、自分が興味のない相手には、冷たい対応をする、そんなところでしょうか。

■店員さんに対して

・「店員さんに横柄な態度をとる人」(25歳/生保・損保/事務系専門職)

・「店員さんや子供に暴言を吐くこと」(23歳/その他/その他)

まったく見ず知らずの相手に対しては、自分の本性をあっさりと出してしまうこともあるでしょうね。普段とあまりにも態度がちがったら、ドン引きちがいなしです。

■ありがとう、を言わない

・「『ありがとう』など、感謝の気持ちをまったく口にしない」(29歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

・「相手のためを思って資料をできるところまで作って渡したのに、『ありがとう』の一言もなかったとき」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

誰かに何かをしてもらったときは、必ず「ありがとう」と言い伝えるものです。それがコミュニケーションのマナーですからね。そのマナーを無視しているのか、理解できていないのかわかりませんが、いい気はしませんよね。

■女性を軽視

・「女性のことを点数をつける男性は無理」(23歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「女性蔑視のような発言がよくある」(31歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

女性にランク付けをしたり、男性よりも劣った存在だと見なしたりする男性もいるようです。そんな見られ方をされていると、悲しくなってしまいますよね。

■まとめ

女性たちが「性格の悪い人だなぁ」と感じる男性はそれだけではありません。「毎回の会話で、自慢話を挟む人」(33歳/情報・IT/事務系専門職)、「自分の自慢話ばかりをする男性」(28歳/建設・土木/事務系専門職)など、会話のキャッチボールがちゃんとできず、自分の話ばかりして満足するような人とは距離を置きたいもの。ちょっとした言葉遣いで感じられることなので、いつでも思いやりを忘れないことが大切なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月17日~11月25日
調査人数:112人(22歳~34歳の女性)

 

お役立ち情報[PR]