お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 妊娠・出産

【妊娠出産のウソ&ホント】妊娠中にカフェインを摂っちゃダメってホント?

尾西芳子

将来妊娠したい、したくないに関わらず、妊娠・出産は未知の世界。出産未経験の女性たちが感じている妊娠・出産にまつわる素朴なギモンについて、産婦人科専門医の尾西芳子先生がわかりやすく教えてくれます。ウソかホントかわからない情報に惑わされずに、正しい知識を身につけましょう!

よく、「カフェインは悪影響だから、妊娠中はコーヒーを飲んではいけない」と聞きますが、実際のところはどうなのでしょうか? 本当にひと口たりともNGなのか、またカフェインが妊婦や胎児に及ぼす影響があるとすれば、どんなのものなのか……。今回は、そんなカフェインにまつわるウソ&ホントに迫りました!

■本日の「ソボクな疑問」

Q.妊娠中にカフェインを摂っちゃダメってホント?

<読者の声>

・赤ちゃんに悪い影響を与える可能性がある。(24歳/警備・メンテナンス/クリエイティブ職)
・1ミリも摂取してはいけないのか、どういった影響があるのか。(27歳/商社・卸/事務系専門職)
・そんなことを言ってたら、コーヒー好きの国の人たちはどうしようもできないと思う。(31歳/金融・証券/事務系専門職)
・赤ちゃんが低体重で生まれてしまう。(33歳/その他/事務系専門職)

■尾西先生のアンサーは!?

答えは……
ウソです!

カフェインを絶対に摂ってはいけないわけではありません。問題は“量”であって、1日に1~2杯程度コーヒーを飲む分には、過度に心配する必要はありません。「コーヒー好きの国の人たちはどうしようもできない」という声がありますが、だからといってコーヒーしか飲んでいないわけではないでしょうし、それなりに妊婦さんは摂取量には気を使っていると思いますよ。

カフェインをたくさん摂るのがダメだと言われているのには、3つの理由があります。ひとつは、カフェインには血管を収縮する作用があり、子宮へ流れる血行が悪くなることで赤ちゃんに栄養が行きづらくなるから。栄養がうまく届かなければ、赤ちゃんが低体重で生まれてしまうことも当然あります。

もうひとつは、カフェインが神経を興奮させるから。胎盤を通じて赤ちゃんにも伝わってしまうので、過度の摂取は成長に悪影響があります。

3つめは、妊娠中に必要なビタミンやミネラルの不足につながってしまうためです。カフェインは、カルシウムを尿と一緒に排出したり、鉄分の吸収を阻害したりするので、食生活の栄養バランスが悪くなってしまいます。

とはいえ、冒頭でもお伝えしたとおり、1日1~2杯程度であれば影響はありませんので、そこまで気にしなくても大丈夫です。ただ、カフェインには利尿作用があり脱水になりやすいため、特に夏場はコーヒーを一杯飲んだら同じ分だけ水を飲む、といったことを心がけたいものです。

さらに、カフェインはコーヒーだけでなく、紅茶、緑茶、ココア、エナジードリンクなどにも入っていますから、飲むものには注意を払っていただきたいですね。どうしてもコーヒーを飲みたい場合には、カフェインを取り除いたデカフェのものを飲むなど、工夫しましょう。

(監修:尾西芳子、取材・文:ヨダヒロコ、撮影:masaco)

※次回の更新は12月10日(土)です。お楽しみに!