お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

仕事の邪魔だよ! うっとうしい職場の同僚6パターン

ファナティック

ゲーム毎日の仕事、できれば手早く、そして気持ち良くこなしていきたいものですが……一緒に働く人によっては、それが不可能なこともあります。「もう! こっちはこんなに忙しいのに!」なんてイライラした経験、あなたにも一度や二度はあるのではないでしょうか。仕事の最中に、ぶっちゃけ「うっとうしい! 邪魔!」と思ってしまったことはある? 働く女性たちがそう思ってしまった相手の特徴について、具体的に調査してみました。

やたらと話しかけてくる

・「トイレに行く途中に、おしゃべり好きの人につかまってなかなか仕事に戻れない」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「しょっちゅうおしゃべりしている先輩。仕事をせず、お菓子を食べながら話していて、正直言って邪魔」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

「あなたは暇かもしれませんが、私はこんなに忙しいんです!」という、女性たちの心の声が聞こえてきそうですね。相手の状況を無視して話しかけるのは、空気を読むのが苦手な証拠。わかりやすい態度で「NO」を示す必要があるのかもしれませんよ。

人任せ

・「やたら質問してきて、自分で考えようとしない」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「自分で関係者に電話で聞けばいいものを、『代わりに聞いてくれるかも』みたいなノリであえて自分に聞いてくる人。仕事なんだから自分でやれよと思う」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

自分でできることを、なぜか人に任せる同僚たちも、働く女性たちをイラッとさせているようです。「頼られる」のはうれしいことでもありますが、「利用される」のは避けたいところ。あまりにも何度も続くなら、突き放すのも相手のためかも?

独り言

・「ブツブツとつぶやきながら仕事している人がいる。気が散るのでやめてほしい」(32歳/食品・飲料/技術職)

・「独り言が多い人。ずっとしゃべってると気が散る」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

「放っておいて」と言われても、ブツブツと聞こえてくる独り言を無視するのは、簡単ではありません。余計な音を出さないのも、周囲への気遣いの一つ。無意識の場合は、特に注意が必要ですね。

歩き方が気になります

・「足音がうるさい」(32歳/商社・卸/その他)

・「パタパタする人」(36歳/医療・福祉/専門職)

気にならない人にとっては、「え、そこまで!?」と思ってしまうポイントですが、一度気になったら最後。何をしていても耳に飛び込んできて、集中できなくなってしまいそう。歩くときに音がするのは、姿勢が悪い証拠かも……!? 一度自分の足音についても、確認しておくのがオススメですよ。

仕事、しません!

・「仕事をせずにうろついている部長」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「自分の仕事以上に周りの観察に熱心で、他人の揚げ足取りが日課になっている人」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

仕事もしないのに、ただ職場に存在している人……。新人の頃は「なぜ!?」と思った方も多いのではないでしょうか。仕事をしないからこそ、気になってしまうのが他人の欠点。ねちねち言われると、正直ゲンナリしてしまいます。

気になる癖

・「貧乏ゆすり」(24歳/小売店/事務系専門職)

本人にとっては、無意識でやっている癖なのでしょうが、周囲のイライラの原因になっていることもあるよう。とはいえ貧乏ゆすりは、精神的に不安定な人が自分を落ち着けるために行っていることも多いと言われています。残念ながら、大らかな気持ちで受け入れるしかないのかも……!?

まとめ

働く女性の皆さんが「うっとうしい、邪魔!」と思う相手の特徴はいかがでしたか? もし当てはまる点があれば、あなたも周囲から「うっとうしい!」と思われている可能性アリ。自分の努力で直せるところは、ぜひ意識してみてはいかがでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数117件(22歳~38歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]