お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ランチも割り勘!? 「ケチかよ!」と思った上司の特徴6つ

ファナティック

誰だって、気の合わない上司に遭遇することがあるもの。特にお金に対してセコい上司だと、ガッカリすることも多いですよね。「ケチかよ!」と思った上司の特徴を、社会人女性に聞いてみました。

<「ケチかよ!」と思った上司の特徴>

■ジュースすらおごらない

・「ジュース一本さえも、おごる気がない」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ジュース代もお金を取られたとき」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

仕事中にひと息つきたいときは、ジュースやコーヒーを飲むこともありますよね。自販機のジュースですらおごってくれない上司は、ケチだと思われても仕方ないかもしれません。

■ランチに誘いながらおごらない

・「ランチに誘っておきながら、おごってくれなかったとき。上司だし、誘ってくれたのだから、おごってくれることを期待してしまったから」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「ランチに誘われて行ってもおごってくれなかった」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

自分からランチに誘っておいて、しっかり食事代は別々に精算する上司もいるもの。わざわざランチタイムを割いてまで付き合っているのだから、ランチ代ぐらいはおごってほしいですよね。

■飲み会を経費で精算

・「会社の飲み会で多く出してくれたと思ったら、翌日会社の経費として処理をしていた」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「飲み会で出すよと言っておいて経費で落としていた」(28歳/不動産/秘書・アシスタント職)

飲み会で割り勘にする上司も多いですよね。めずらしくおごってくれたと思ったら、会社の経費だったなんて知ると、ケチと思うのは当然かもしれませんね。

■おみやげを買ってこない

・「出張帰りに、おみやげを買ってこない人。ほかの人がみんな買ってくるので、買わないその人が目立ってしまう」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「長い休暇を取って、どこに行くかも自慢していたのに、おみやげを買ってきてくれなかった(笑)」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

どこかに旅行に行ったり、出張に出かけたときは、職場へのおみやげを買っていく人も多いですよね。上司が率先して買ってこないのは、さすがにケチだからと感じてしまいそうです。

■会社の経費を節約する

・「外出から帰ってきたらとにかくエアコンのスイッチを切る」(28歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「文房具を節約するために、消しゴムでも小さくなるまで使えと言う」(25歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

会社の経費を考えて、節約に励むのは決して悪いことではありません。しかし、度がすぎると、仕事をする環境にも支障が出てくるもの。上司ならば、それぐらいは理解してほしいですよね。

■割り勘を求める

・「一緒に食事してもきっちり割り勘だったとこ」(22歳/情報・IT/技術職)

・「飲みに行ったときけっこうな年長者なのに割り勘にするとき」(34歳/金融・証券/営業職)

食事や飲み会に行ったときでも、必ず割り勘を求める上司もいるもの。少しぐらい多めに出してくれるならまだしも、きっちり割り勘にされると、ケチ度が高いと言えそうですね。

<まとめ>

同じ会社の上司なら、お給料だって自分より多くもらっているはず。上司から誘ってきたのなら、少しくらい多めに払ってほしいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月25日~2016年11月2日
調査人数:115人(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月21日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE