お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

すっごい好きなのに「結婚はムリかも……」と思った男性の言動5つ

ファナティック

 

彼氏のことは好きだけれど、ある習慣や言動を見る度「このままずっと一緒にいていいのかな……」と不安になるときありますよね。そこで働く女性に例え好きでも、「結婚はちょっと……」と思ってしまう異性の習慣や言動をピックアップしてもらいました。

キレると何をするかわからない人

・「お酒を飲むと人が変わる、特に暴力的になったり、こわくなる人。自分1人ならまだいいが、子どもができたときにこわいから」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

・「キレたら何をするかわからない人。普段は優しいが、実際に家のドアを壊されたから」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

突然暴力的になったり、人が変わったりするタイプは子どもができてからが心配になるタイプ。特に物ではなく体に危害を与えそうなタイプは「近寄るな、危険!」ですよね。

冷静な話し合いができないタイプ

・「こっちの価値観を否定してばかりで、自分の価値観を押し通そうとする言動。お互いの妥協点を探せるようでなければ、生活していて苦しくなってしまうばかりだから」(34歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「嘘を平気でつく点。『問題の根本解決』という概念が抜けているため」(34歳/その他/クリエイティブ職)

結婚したら子どもや家族、親戚がらみで色んなことが起こるため、なんでも話し合い、夫婦2人で解決していける人じゃないと大変に。パートナーは、せめて話が通じる人であってほしい?

束縛が激しい人は嫌!

・「メールや電話などの連絡を必要以上に頻繁にしてくる人。付き合っているときは我慢できるかもしれないけど、結婚して毎日のようにされると耐えられなくなりそうだから」(30歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「束縛の激しい人。付き合ってるときの多少の束縛はうれしいかもしれないが、結婚となると信頼の問題だと思う」(34歳/その他/販売職・サービス系)

ずっと一緒にいる訳ではないため、恋人ならある程度の束縛は我慢できても、結婚してからの束縛となると大変に。さすがに結婚したら、妻のことは信用してほしいですよね。

細かすぎる性格の人とは、一緒に暮らせない

・「潔癖過ぎる。やってくれるのはうれしいけど、ドンドンストレスになりそう」(34歳/その他/事務系専門職)

・「全てを事細かく計算し尽くすタイプ。隙がなさすぎて、ストレスになりそうだから」(33歳/通信/事務系専門職)

生活のこと細かなところまで指摘してくる、潔癖タイプの男性も一緒に暮らすとストレスが多そうな相手。結婚せず恋人のままでいた方が、お互いストレスフリーで幸せに暮らせそう?

なんでもかんでも女性に任せっきりな男性

・「なんでもかんでも女任せの男性。理由はそれじゃぁこれから先が思いやられる。疲れちゃうと思う」(33歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「トイレの便器をおろさない、靴をそろえない、肌着を裏返しに脱ぐなどのちょっとした事、結婚したら何十年も自分がやってイライラしたくない。直す努力があればいいけど……」(29歳/医療・福祉/その他)

専業主婦になれるならまだしも、共働きでこれをやられるとつらい……のが生活すべてにおいて女性に任せっきりにしてくるタイプ。いつか不満が爆発して、とんでもないことになりそうです。

恋人なら欠点として許せてしまうことが、生活がかかる結婚となると「それだけは絶対に嫌!」という許せない欠点が出てきますよね。うっかり結婚して後悔する前に、ぜひシミュレーションで「本当に結婚していい相手かどうか」、再検討してみることをお勧めします。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数205件(25歳〜34歳の社会人女性)

※この記事は2016年11月19日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE