お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

見たでしょっ! 女子の胸が「デカすぎて」困ること6つ

ファナティック

女性が体の悩みとして挙げることも多いバストサイズ。小さいバストを大きくしたいという人はもちろん、大きいことで悩んでいる人も少なくはありませんよね。今回は、見ている女性たちも感じる「バストが大きい女性の悩み」について聞いてみました。

運動するときに邪魔

・「スポーツするとき邪魔になると思います。陸上選手だったので、胸が大きい人を見ると不利だなって思います」(38歳/医療・福祉/専門職)

・「運動するときに邪魔だし、肩が凝ると思います」(37歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

動くたびに揺れるバストは魅力的ではあるけれど、運動するときには間違いなく邪魔になりそう。揺れることで垂れやすくなるし、運動の種類によってはバストのせいで動きが制限されることもありそうですよね。

肩がこる

・「重くて、日々それだけで肩がこること」(36歳/情報・IT/技術職)

・「肩が重いこと。すごい重いと思う」(28歳/情報・IT/技術職)

Cカップ程度でも片側で500ミリのペットボトル1本分とも言われるバストの重さ。それを常に支えているということは肩や首がこりそうですよね。ブラで支えるにしてもストラップが肩に食い込んでつらそうです。

太って見える

・「太って見えるので服装に悩むこと」(36歳/電機/事務系専門職)

・「ファッションに気をつけないと太って見える」(29歳/機械・精密機器/技術職)

全体的に太っているわけではないのに、胸が大きいだけでおデブに思われるのもバストの大きな女性の悩み。バストのせいで目につきやすい上半身のボリュームが出てしまうので、スタイル良く見せるのも難しそうですね。

洋服のサイズ選び

・「服のサイズで着られないものがあったり、不格好になってしまうことがある」(39歳/警備・メンテナンス/事務系専門職系)

・「服を選ぶサイズは合っていても胸がパツパツ」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

洋服のサイズ自体はピッタリなのに胸だけがパツパツ。胸に合わせると他の部分がブカブカ。洋服のサイズ選びに困ることも多そうですよね。上下セットのスーツなどもサイズ違いで買うことができず、泣く泣くワンサイズ大きめを買っている人も多そうです。

かわいい下着がない

・「胸の大きな友だちはすごく肩が凝る、かわいいデザインのブラジャーが売ってないと言ってました」(35歳/建設・土木/事務系専門職)

・「かわいい下着が少ない。あっても価格が高い。垂れる。異性・同性にジロジロ見られる」(35歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

ある程度のサイズまでは同じようなデザインで展開されているブラ。でも、大きすぎるブラではかわいいデザインのものが選べず実用一辺倒に。同じデザインでも大きいだけでかわいく見えないのも残念なところですよね。

周囲の目が気になる

・「男の人の視線が集中すること。女性の私でも見てしまうので」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「目立つ。男性からいやらしい目で見られる」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

バストが大きな女性がいるとつい目で追ってしまうのは男性も女性も同じこと。胸だけに視線が集中するというのは、うれしいような恥ずかしいような複雑な気持ち。いやらしい目で見る男性をかわすのも大変そうですね。

まとめ

少しでも胸が大きくなりたいと思っている女性からすれば、ぜいたくな悩みとも思えそうですが大きなバストにはそれなりの悩みが。ないものねだりなのはわかっていても、大きな女性は小さく、小さな女性は大きくとバストに関する悩みは尽きないもののようです。でも、バストが全てではないと思いつつ、やっぱり一度くらいは大きなバストで悩んでみたいという女性も少なくないかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数205件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]