お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

思わず、きゃっ!! 合コンでドキドキした男性からのアプローチ6つ!

ファナティック

本来、男女の出会いを求めてあつまる合コン。お酒の力も相まって積極的なアプローチをしてくる男性というのも多くいますよね。今まで合コンで男性からされて、一番ドキドキしたアプローチについて女性のみなさんにアンケートを採ってみました。

ボディータッチ

・「さりげなく頭をポンポンされたとき」(31歳/金融・証券/事務系専門職)
・「そこそこ素敵な人と隣になったときに突然テーブルの下で手をつながれたとき」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)
・「背の高いかっこいい男性といい雰囲気になって、肩に手を回されてドキドキしたことがあった」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

アルコールと合コンという場の雰囲気から、普段されないような大胆なボディータッチにドキドキしたという経験のある人は多いようです。

耳元でささやかれる

・「耳元でさりげなく褒められたこと」(27歳/その他/専門職)
・「『今度は2人で飲みに行こうね』と耳元でささやかれた」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「耳打ちされて告白されたとき、とてもドキドキ感があった」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

男性の低い声で耳元でささやかれるとドキッとしますよね。酔っぱらって敏感になっているときにされるとなおさらドキドキしてしまいます。

待ち伏せされる

・「自分にだけフォーカスして話してくれる、お手洗いに行った帰りに待ち伏せされる」(27歳/生保・損保/事務系専門職)
・「トイレに行ったときにこそっと待っててくれて、あとで2人で会いたいと言われたとき」(25歳/金融・証券/事務系専門職)
・「席替えを何回しても、隣に座る」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

待ち伏せされたというエピソードも。まるでドラマのヒロインにでもなったかのようでドキドキせずにはいられなさそうです。

目を見つめられる

・「目を見つめられて、君のことが気に入ったという彼からのセリフ」(25歳/その他/専門職)

・「目を見つめて、ほほをなでられながらアプローチされたとき」(32歳/自動車関連/技術職)

・「かっこいい男性からじっと見つめられてドキドキしたことがあった」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

男性からじっと見つめられるとドキドキしてしまうもの。そこに加えて、アプローチの言葉をささやかれたらたまったものではありません。

連絡先を聞かれて……

・「連絡先を交換したあと、早速LINEが来て『このあと、2人でどう?』と言われたとき」(28歳/食品・飲料/その他)

・「携帯をいじるふりをして、私にLINE。そのあと2人で抜け出した」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「あまり話さなかったのに、連絡が積極的だった」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

連絡先を聞かれるだけなら合コンではよくある光景。それだけではなく、すぐに連絡が入って誘われたりするといろいろ期待してしまいます。

ストレートに口説かれる

・「隣に座られて『とにかく顔が好きなの』と会話ごとに背中や顔や触られた」(31歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「すぐにでも結婚したい、と言われた」(33歳/学校・教育関連/専門職)
・「相性アプリで、相性バッチリと言われたとき」(33歳/建設・土木/販売職・サービス系)

ストレートに口説かれてしまうと、はぐらかしたりするのは難しいですよね。なによりもわかりやすい言葉のアプローチにドキドキしたというケースも。

まとめ

この他にも、控えめなことを察して自分が話しやすい話題をふって盛り上げてくれたり、自分にだけサラダなどを取り分けてくれたりと優しさでアピールされたというエピソードも見られました。一方で、端から自分にだけロックオンしてアピールしてきたり、他人にはわからないように自分にだけ合図を送ってきたりという積極的なアピールをされたというケースも。合コンでのアピールはいろいろあるようですが、自分にフォーカスされていると思うと、それだけでもドキドキ感はありますよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数126件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月16日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE