お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合うのってアリ? ケチな男性の心理と楽しく付き合う方法

織田隼人(心理コーディネーター)

恋愛相手として、ちょっと物足りなく思ってしまうのがケチな男性。「ここはキメてほしいなぁ~」と思うデートで、ケチな態度を見せられたら……。もしかして私のことを大切に思ってないのかも、なんて不安になってしまいますよね。今回は、ケチな男性の心理や、そんな男性と楽しく付き合う方法について、心理コーディネーターの織田隼人さんに聞きました。

ケチな男性の特徴

「ケチな男性」とひとことでいっても、その理由にはさまざまなケースがあります。ケチな男性の特徴を性格別に分類しました。

ケチな男性の性格とは?

損をするのを嫌がる

損得勘定がしっかりしているので、損をする行動をすることをとても嫌がります。たとえば、グループ全体では得をするけれど自分だけが嫌な思いをするときには、支払いなどを断ることが多いのが特徴です。自分が損することが、自分で許せないからです。

自分の身を守ろうとする気持ちが強い

お金を使わないというのは、将来に備えてお金を貯めている、という場合もあります。自分や家族の身を守ろうとする気持ちが強い表れでもあります。

コストパフォーマンスを気にする

たとえばランチを食べるときは、栄養をチェックしつつも、価格をしっかりと見ています。自分の食べたいものを素直に選ぶのではなく、食べたいものを考えつつも安くてコスパがいいものを選びます。

自分の意見をある程度はっきり言える

嫌なことについて断ることができるので、ケチになれます。嫌なことを断れない人はケチになれず、流れに身を任せてしまうものです。自分の意思をはっきりと示すことができる、ということでもあります。

常に何か不安を抱えている

未来に対して何かしら不安を抱えているので、今の時点ではじけることができずにいます。ケチなのは未来に対する備えなので、未来に対する不安が大きいといえます。

次ページ:ケチな男性と付き合うのはアリ? ナシ?

SHARE