お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

見極めるポイントは? 「ケチな男性」と「そうじゃない男性」のちがい3つ

お金に対する価値観は人それぞれですが、結婚を考える相手とは、同じような価値観であってほしいもの。あまりにもケチな男性も、あまりにもお金に無頓着な男性も、どちらも結婚後は苦労しそうですよね。そこで今回は、女性たちに「ケチな男性」と「そうじゃない男性」のちがいを聞いてみました。ぜひ、男性選びの参考にしてください!

■そもそもお金を使うかどうか

・「ケチな男はとにかくお金を使わない。そうでない男は、趣味などにお金を使っている」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「ケチじゃない人は、出すとこは出すけど出さないところには出さない。ケチな人には何事にもお金を出さない」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

・「ケチなのは何でもかんでもお金をとにかく使わないこと。そうじゃないのはちゃんと使うときは使える人のこと」(29歳/ソフトウェア/技術職)

「ケチな男性」というのは、とにかくお金をまったく使わないという女性たちの意見。使い方を知ってこそ、お金も生きるというものなんですけどね。こういう男性は貯めることは得意でも増やすことは苦手そうかも!?

■他人のためにお金を使えるか

・「人のためにお金を使うことを極端に嫌がる人はケチな男。人のために快くお金を使う人はそうじゃない男。人脈が全然ちがいます」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分以外の人にもおカネを使えるか。ケチは守銭奴だから他人のためには使わない」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

・「割り勘の場でちょっとでも多く払おうという姿勢やプレゼントなどお金がなくてもちょっとでも喜ばそうという気や相手のことを思ってしてくれているか。ケチな人は自分よければそれでよい、という考えが根本にありそう」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「ケチな人は自分の損得しか考えてない。他人のためにお金を使えない」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

自分のためにはお金を使うけれど、他人のためにはまったく使わない人にも、ケチなイメージがあるよう。自分のことしか考えていないこういう男性は、結婚すると大変かも……!?

■1円単位まで計算するかどうか

・「ケチは1円でも計算する。そうじゃないのはお金に対して貪欲」(32歳/建設・土木/営業職)

・「ワリカンするとき、ケチな男は1円単位でがめつくが、そうでない人はだいたいの金額を割って自分が多く出したりするから」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「ワリカンのとき、端数まで細かく伝えてくるのがケチな男。そうじゃない男は、端数は切り捨てたり、払いやすい金額を伝える」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

飲み会やデートでのワリカンは現代では当たり前ですが、1円単位まできっちり割ろうとする行為にガッカリする女性も少なくないですよね。あまりにも細かすぎると、こっちが出すよ、と言いたくなっちゃいます。

■まとめ

女性も男性と同じように働き、お金を稼ぐ現代において、お金に対する考え方のちがいは、もめごとの原因になりがちですよね。あまりにも気前がよすぎるのも考え物ですが、ケチすぎるのも男らしさを感じられない、というのが女性の本音のよう。とはいえ、女性にもケチな人は多いもの。自分の金銭感覚にあった男性をしっかりと見極めることが大切かもしれませんね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月8日~6月10日
調査人数:102人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]