お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

若者、どけ! 電車で席を譲りたくない人・6選

ファナティック

電車に立っているのがつらそうな方を見かけたら、快く席を譲りたいものです。しかし、まれに「譲りたくないな」と思う人と遭遇することもあります。そこで、電車で席を譲りたくない人の特徴について、男性に聞き取り調査を行ってみました。

<電車で席を譲りたくない人の特徴>

■譲ってもらってあたりまえという態度の人

・「譲ってもらうのが当然と思ってるような人」(32歳/情報・IT/技術職)

・「譲ってもらって当然という態度が見て取れる」(29歳/医療・福祉/その他)

座席を譲ってもらうことに対して、さも当然といった態度をされてしまうと、譲った側としては気持ちのいいものではないですよね。中には譲らないことに対して憤慨する人もいるようです。

■横柄な態度の人

・「年寄りでも、横柄な態度をするやつ」(31歳/学校・教育関連/営業職)

・「年寄りなのをいいことに横柄な態度で席を譲れ!っていう感じ」(38歳/通信/販売職・サービス系)

あまりにも横柄な態度を取られたら、譲りたくなくなる気持ちもわかります。譲ったとしても決して感謝をされるわけではなく、いい気分はしないでしょう。

■席を譲ってもらったのに不機嫌な態度を取る人

・「こちらで席を譲っても返事もせずに、むすっとしたまま席だけはきっちり座り、にらんでいる」(37歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「いかにもわがままそうなタイプと譲ってもお礼ひとつ言わないような人」(38歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

どうしてそのような態度に出てしまうのかはわかりませんが、たまにこういう人もいますよね。このような態度を取られると、逆に譲らなければよかったと後悔してしまいそうです。

■譲ってほしいオーラが出ている人

・「譲ってくれオーラを出す人は勘弁」(34歳/電機/技術職)

・「いかにも私は疲れてますオーラを出している」(39歳/通信/技術職)

どうしてもしんどいなら「譲っていただけませんか?」とひと言言ってくれればいいのに、じっと見つめて「譲ってくださいオーラ」を出し続ける人もいます。そうされると、なんだか居心地も悪く譲りにくいですよね。

■イヤホンから音が漏れていて迷惑な人

・「音楽ガンガンイヤホンから漏れているとき」(39歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「音楽を聞いていてまわりが見えてない人」(30歳/その他/その他)

イヤホンやヘッドホンから、音が漏れている人っていますよね。周囲の迷惑を考えられないような人に、席を譲るのはなんとなく嫌だと感じる人が多いのでしょう。

■車内のマナーが守れていない人

・「電車内でべらべらしゃべっているようなおばさんには、元気だろうしイライラするので譲りたくない」(22歳/その他/その他)

・「マナーの悪い方。化粧をしている女性や大きな声で話している方」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

公共マナーが守れない方や、電車内にもかかわらず大声で話すなど、周囲に迷惑を与えるような人は、「座る必要がないのでは?」と感じる方も多いよう。大声で会話をしている人は、元気そうですよね。

<まとめ>

電車内でのマナーが守れず、周囲に迷惑をかけてしまうような人には、席を譲りたくなくなるでしょう。また、感謝の気持ちがなかったり、横柄な態度をとられたりすると、譲ったことを後悔してしまう場合もありそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月1日~2016年11月2日
調査人数:258人(22~39歳の男性)

※この記事は2016年11月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE