お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド スポット

ロボットだらけの“変なホテル”がギネス世界記録Ⓡに認定!

2015年7月17日、ハウステンボスにオープンした「変なホテル~変わり続けることを約束するホテル~」が、“The first robot-staffed hotel(初めてロボットがスタッフとして働いたホテル)”として、ギネス世界記録に認定された。

「変なホテル」とは先進技術を導入し、ワクワクと心地よさを追求した世界初のロボットホテル。フロントでは多言語対応のロボットたちがチェックイン・チェックアウトの手続きを行うほか、クロークではロボットアームが、手荷物はポーターロボットが部屋(A棟のみ)まで運ぶというハイテクかつロボット好きにはたまらないホテルとなっている。

ロボットクローク

ロボットクローク

ポーターロボット

ポーターロボット

ホテル名の「変」は、「変化し続ける」という意思が込められており、常識を超えた先にある、かつてない感動と快適性を目指すという。

同社は今後、舞浜(千葉県)、ラグーナテンボス(愛知県)、更には海外での新棟建設を計画しており、顧客に“進化”を提供つづけるという。

ホテル名:変なホテル~変わり続けることを約束するホテル~
所在地:長崎県佐世保市ハウステンボス町
敷地面積:16,402.72 ㎡
延床面積:5,530.87 ㎡
累計宿泊者数:約50,000人(2015年7月17日~2016年7月末)
稼働ロボット数:約180台(2016年11月17日現在)
客室数:144室

(マイナビウーマン編集部)

 

お役立ち情報[PR]