お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コラム デート・カップル

【理想の男の育て方】CASE2:オシャレな男

DJあおい

「気になるあの人、ここが残念なんだよな」「私の彼、ここさえ直せば最高なのに……」と、好きな男性の欠点に悩むことがあるはず。そこで、ブログやtwitterで人気のDJあおいさんがマイナビウーマン読者に恋のアドバイス! 「残念男子」を「理想の男」に育てる“お知恵”を授けます。

ブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」やtwitterで突き刺さりまくる恋愛アドバイスをつづり、迷える女子を日々救っている“謎の主婦”・DJあおいさん。これまでの連載「狙った男の落とし方」「ダメ男バスターズ」に引き続き、今回は「好きな人を理想の男性に育てる」お知恵を授けます。2回目は“オシャレな男”の育て方です。

<「オシャレな男」とは?>

オシャレな男性は、部屋もオシャレ、仕事もオシャレ、生き方もオシャレ。何をするにもどこかワンポイント自分らしさを出してきます。相手に合わせることを得意としているため、女性への気遣いも上手です。外出することが好きで行動はアクティブ、おうちデートが好きな女子は、もしかすると疲れてしまうかもしれません。

■オシャレな男の特徴

・自分に何が似合うのか、何が似合わないのかをちゃんと心得ているので、自分というものをよく観察できている
・TPOに合わせた服装ができるので、初めての場でもすぐに馴染む能力を持っている
・奇抜な服装をした女子には厳しい、オシャレすぎない女子が好き
・女性の買い物に付き合っても嫌な顔はせず、むしろ楽しんで付き合ってくれる
・服は大事にするので、脱いだら脱ぎっぱなしで部屋を散らかしたりせず、片付ける習慣がついている
・情報通なのでトレンドはしっかり押さえていて、まんべんなく広く浅い知識がある
・やや潔癖で完璧主義な一面も? 生活感を出さないので私生活が謎
・自分を客観視する癖が染み付いているので、あまり感情を表に出さない。顔は笑っているが、内面はイライラしていることもある

「自分! オシャレ! がんばってます!」という“がんばってる感”を感じさせないナチュラルで余裕のある清潔感を演出するのが、オシャレであり『粋』というもの。服や小物が主役になるオシャレはオシャレにあらず、あくまでも主役は自分。自分をより引き立てるためのアイテムを理解しているのが真のオシャレ様なのです。

<「オシャレな男」の育て方>

■オシャレになれない原因は、コミュ力の低さ

オシャレを放棄した男性というのは、あまり外出を好みません。休日も基本家から出たがらないですし、たまに出てもあまり人がいる場所は好まないんですよ。人混みを過剰に嫌い、パーソナルスペースが異様に広く、知らない人が隣の席に座っただけでメンタルを消耗する始末。基本的に他人が嫌いで、自分の世界に引きこもりがちな、無駄にプライドが高い孤高な俺様が多いんです。

何が原因かと言えば、コミュニケーション能力が低いのが原因で、他人とうまくかかわることが苦手なんですね。ゼロの関係性から1を生み出すコミュニケーション能力がないんです。

オシャレの基本は『相手に不快な思いをさせないための気遣い』ですから、相手を気遣うコミュニケーション能力がないと、オシャレがわからなくなってしまうわけです。

■トレーニング1:会話量を増やす

根本はコミュニケーション能力の欠如ですので、鍛えるべきはまずそこ。こういう男性は、彼女と2人でいてもあまり話をしないんですよね。背中で念力を送ってくるタイプなので、まずは念力を禁止にして会話の量を増やすこと。それに慣れてきたら、2人だけのデートはなるべく避けて、彼女側の友達や知人など、第三者を交えたプランを実施してください。

しかし、まだコミュニケーション初心者なので、彼女がいい代弁者となってうまく場を取り持ち、決して放置して孤立させないように注意してください。気づいたころには、相手への気遣いがなんとなく理解できているはず。

■トレーニング2:靴をプレゼントする

外交的になれば、そのぶん自分の身だしなみが気になりはじめます。オシャレの目覚めです、おはようございます。そのタイミングを見計らって、靴をプレゼントしてあげてください。新しい靴は外出したくなる魔法のアイテム。新しい靴をはいて、新しい服を買いに行きましょう。これであなたの彼は晴れてオシャレ界デビュー。内面もオシャレに磨かれていくはずですよ。

(文:DJあおい、イラスト:つぼゆり)

※次回は「セックスがうまい男」に育てるお知恵を授けます。
11月26日(土)更新です。

お役立ち情報[PR]