お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

もしや、、社交辞令ですか!? 男性の脈ナシサインに気づいた瞬間6つ

ファナティック

はっきり告白する前に、相手が自分のことをどう思っているのかさり気なく探る。告白して、失敗しないためにも彼からの脈アリ・ナシのサインをきちんとキャッチすることは大事なことですよね。今回は、男性からの「脈ナシサイン」だと思う言動について、女性たちに聞いてみました。

二人での誘いを避ける

・「遊びに行くお誘いをしたら、『みんなも誘おう』と言われた」(31歳/その他/その他)

・「『またみんなで飲みに行こうね』と言われること。みんなでというのは眼中にない気がする」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

男性が、それとなく二人で出かけることを避けているような素振りを見せたら脈ナシだなと判断する女性も多そうですね。

具体的な予定が決まらない

・「二人で食事や遊びに行こうと誘っても、『また今度ね』と返されたとき」(25歳/その他/事務系専門職)

・「また機会があればいきましょう。具体的な約束する気はないからないんだろうと思いました」(30歳/医療・福祉/専門職)

デートの話まではこぎつけるものの、具体的な日取りとなるとなかなか決まらない。男性からの「また、今度」や「機会があれば」は、単なる社交辞令なことも多いかもしれませんね。

返事が来ない

・「メールしたりLINEしたりして連絡したらスルーされた」(31歳/不動産/専門職)

・「連絡しても全然連絡がこない。忘れたころに返事がくる」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

メールやLINEなどの返事の早さというのは自分への関心の表れだと感じている人も。いつまで経っても返信がなかったり、既読になっているのに返事がずっとあとになってからというのでは、興味がなさそうだなと思うしかなさそうですよね。

そっけない

・「何度も連絡したものの、そっけない反応が返ってきたとき」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「誘ったときの断りの言葉が『忙しいから』だったとき」(32歳/自動車関連/技術職)

メールの返信や誘いの断り文句に自分への気遣いが感じられなければ、脈ナシだと思う女性もいるようです。

男性からの誘いがない

・「遊びに行く誘いがいつも私からだったとき」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「『また誘ってね』と言ったのに、あれからちっとも誘われない」(25歳/情報・IT/営業職)

会ってくれないわけではないけれど、誘うのはいつも自分から。男性から連絡してくることがないということに気づいたら、頑張ってアプローチしても効果がなさそう。好きなら男性の方から連絡してくるはずですよね。

他の女性の紹介をお願いされる

・「好きな人に『だれかかわいい子紹介して』と言われてしまった」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「遊びに誘っても、『お互いに友達集めて合コンしよう』と提案されてしまうとき。脈ナシなんだなと実感する」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

好意に気づいているのかいないのか、他の女性の紹介を気になる男性からお願いされてしまったら、かなり複雑な気分。男性の方は完全に友達としか思ってくれていないのかなと脈ナシを実感する瞬間かもしれませんね。

まとめ

気になる男性からの脈ナシサイン。信じたくないけれど、素直に現実を受け止めて新しい出会いを探すために気持ちを切り替えることも大事かも。もちろん、思い込みということもあるので一度や二度の脈ナシサインだけで諦めることもないかもしれませんが、いつまでも引きずっているのは余計に自分を傷つけてしまうかも。どこまで頑張るかは自分次第ですが、見切りをつける勇気も必要かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月18日~11月1日
調査人数:128人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年11月10日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE