お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

泣く子を置いて、携帯いじりかよっ!! 夫の行動に、妻がイラッとする瞬間・6

ファナティック

恋人同士だったころはそんなこと一切なかったのに、結婚してしばらく経つと、だんだん、パートナーにイライラしてしまうことも増えてきがち。お互いが相手に気を許したことで、遠慮がなくなり、思わず気を抜いた行動をしてしまうからでようか。今回は、実際に夫に腹が立った瞬間を、既婚女性たちに教えてもらいました。

子どもの相手をしないで……

・「子どもと遊ぶことよりも、テレビを見たり携帯をいじったり自分のことを優先している」(32歳/その他/その他)

・「子どもが側で泣いていても携帯を見ている」(34歳/医療・福祉/専門職)

子どもは妻ひとりのものではありません。育児は夫と妻の2人でしていくことが大切。だから、夫にだって、面倒を見る義務があります。しかし、その義務を果たさず、自分のことを平気で優先する男性は少なくありません……。

散らかしっぱなし

・「物の置きっぱなし、スリッパの脱ぎっぱなし。洗面台が水浸し」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「何でも出しっぱなし、やりっぱなしにして全然片づけようとしないこと。注意しても片づけ方が雑なこと」(34歳/その他/その他)

よほど汚い状態が好き、夫の後始末が好き、という人でもない限り、散らかった部屋、やりっぱなしな状態を受け入れられる女性はいないでしょう。不快になることを知っていながら、そういう行動をとる夫に、イライラするなというほうが無理な話です。

あとまわしにする

・「頼んだことをすぐにやらないなど少し時間にルーズなところがある」(33歳/その他/その他)

・「時間にルーズなところ。頼んだことをすぐにしてくれないときがあるところ」(29歳/その他/その他)

頼んだことは、その場ですぐに行動に移してほしいのに、「はいはい」と返事をしながら、それを先送りにしてしまう人もいますね……。そして忘れて、パートナーの怒りを買うのです。

大事なお金を……

・「給料が少なくて節約してどうにか生きているのに節約をせず、自由に遊び歩いて説教しても逆ギレする。家に帰らない」(31歳/その他/その他)

・「ギャンブルをたまにやるが、必ず万単位で負けてくる」(29歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

ひとり暮らしならば、稼いだお金は自分の好きなように使えばいいですが、結婚し、家族がいるのであれば、そうはいきません。家族のために使ったり、貯金したりするのではなく、ギャンブルで無駄にお金を使われたら、腹立たしくもなるでしょう。

気が利かない

・「気がつかなすぎること。買い物を頼んだ冷凍品をそのまま放置したり、必要な手続きを忘れていて期限切れになってしまったり。もう少し先のことを考えてほしい」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分のことばかり済ませるとき。こっちがたくさん用事をしてても、座ってゲームをしはじめる」(34歳/学校・教育関連/その他)

パートナーに対して、常に思いやりを持っていれば、相手が何を望んでいるか、自分が何をすべきか、ちゃんと気づくことができるはず。思いやりが欠けているから、自分ことしか考えられず、気づくことなどできないのでしょう。

子どもへの接し方が悪い

・「たまにぐずった子どもへの対応ができないとき。常に一緒にいるわけではないので仕方ないとは思っているが、そうじゃないだろとちょっとイラつくときもある」(30歳/その他/その他)

・「子どもをすぐに叱る。しつけが行き過ぎていると思う」(28歳/その他/その他)

子どもの面倒を見ないのも問題ですが、一応は見るけれど、接し方が誤っているのも見ていてイライラするでしょう。父親として、きちんと子どもへの接し方も考えてほしいものです。

まとめ

結婚生活は、決して幸せな瞬間ばかりではありません。イライラしたり、悲しくなったりすることも大なり小なりあるものです。そのネガティブな要素を取り除くためには、やっぱり相手選びが何よりも重要。自分ひとりで家庭は作るものではありませんからね。自分のことをわかってくれて、幸せな家庭を作るために一緒に協力してくれそうな素敵な男性を見つけたいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月17日〜10月18日
調査人数:110人(22歳〜34歳の既婚女性)

※この記事は2016年11月05日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE