お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

本気の恋だから! 脈アリな男性が着てくる勝負服4パターン

ファナティック

「デート用の勝負服」は女性なら誰しも持っていると思いますが、果たして男性は? 初デートにもサラッと訪れてクールに装っている男性も、実は陰でデート用のコーディネートに悩んでいたりするのでしょうか。社会人男性にこっそり教えてもらいました。

ジャケットは、実は勝負服

・「ジャケットを着たい。仕事のときは二つ折り財布をお尻のポケットに入れてるけど、デートのときは長財布をジャケットの内ポケットから出すのが大人なイメージ」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「やはりジャケットは男をあげるものなので、勝負服だと思います」(33歳/その他/その他)

・「ジャケットにジーパン。フォーマルすぎず、かといってカジュアルすぎないから」(32歳/情報・IT/技術職)

さらっと着こなしているように見える男性のジャケット姿。実は気合十分なデート用の勝負服だったとか。あまり気にしたことがなかった女性も多いかもしれませんが、確かに上記意見の通り、財布をお尻から出すのと胸ポケットから出すのとではカッコ良さが違う!?

白いシャツも、実は勝負服です

・「白いシャツ。清潔感があるので好印象を与えられそう」(26歳/その他/営業職)

・「白がメインのシャツ。清潔感があって、自分の身も引き締まる」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「あまり気取らずシンプルにワイシャツとパンツ」(33歳/その他/販売職・サービス系)

爽やかな印象だけれど、シンプルすぎて気合を感じにくい白いシャツ。ただこれもサラッと着こなしていながら、実は気合を入れて選んでいる勝負服なのだそう。男性はオシャレよりも「清潔感のある服装」かどうかを重要視しやすい?

ジーンズにTシャツも、実は勝負服!

・「デニムにTシャツ。Tシャツは二の腕が見えるから、アピールする」(28歳/その他/事務系専門職)

・「ジーパンに明るめの襟付きのシャツ。もしくはTシャツ。爽やかな感じを出せば、悪い印象は少ないと思うので」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

ラフな姿に見せながら、実は気合を入れて着ているのが「ジーンズにTシャツ」なのだそう。このコーデで男性の本気具合を見抜くのは至難な業!? デザイン・柄・状態の良さなど、細部まで見ないと勝負服か手抜きなのかは判別しづらいコーデかもしれません。

キレイなポロシャツを着てきたら、勝負服の可能性が

・「落ち着いた色のポロシャツ、サンダルははかない。子どもっぽく見られないように」(27歳/小売店/事務系専門職)

・「普通にポロシャツとパンツ。ラフではない格好」(30歳/情報・IT/技術職)

ラフな格好ながら、上品さと清潔感のある洋服がポロシャツ。これも勝負服に選びやすいのだそう。アイロンがしっかりかかっていて、洗い立ての清潔なポロシャツを男性が着てきたなら、かなりデートに気合を入れていると見て間違いなし?

男性の「デート用勝負服」は普段着か、それとも勝負服かの見分けが付きにくいことが多いよう。ただキレイで爽やかな格好を意識するという点では共通項も。初デートにこざっぱりした服装で男性があらわれたら、それだけで「気合十分」ということかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年7月にWebアンケート。有効回答数207件。25歳〜34歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月04日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE